相撲茶屋(読み)すもうぢゃや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相撲茶屋
すもうぢゃや

相撲興行に際し,見物人座席を売りさばき,飲食物,みやげ物を提供する商業組織。寛政1 (1789) 年頃好角家の集りから自然発生した組織団体であったが,のち上記の業務を行う営利事業になり,相撲会所 (現在では相撲協会) と契約して世襲家業となった。相撲小屋内での飲食販売を独占するが,一方,座席料を会所に完納し,相撲の興行収入を安定させる役割も果した。 1957年9月に相撲サービス会社と改称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すもう‐ぢゃや〔すまふ‐〕【相撲茶屋】

相撲協会から、座席の売りさばきや観客への酒食の提供などのサービスを任されて、とり行う業者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すもうぢゃや【相撲茶屋】

現在の相撲サービス会社のこと。国技館内の一定の場席(主として桟敷(さじき)升)を,日本相撲協会割当てによって配付され,これを顧客に取次ぎするプレーガイドの役目を引き受ける協会の外郭団体である。そして顧客と一般客,団体客の申込みに応じ,あらゆる便宜を提供し,飲食物,みやげ物など注文に応じて席へとどけるしくみになっている。相撲茶屋の発生は,江戸勧進相撲の制度組織ができた宝暦明和(1751‐72)のころからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すもうぢゃや【相撲茶屋】

相撲場で、入場券・みやげ・飲食物の販売など、見物客の世話をする組織。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の相撲茶屋の言及

【茶屋】より

…遊郭には編笠茶屋,引手茶屋があり,茶屋と略称されることがあった。また芝居茶屋相撲茶屋は,それぞれ歌舞伎劇場や相撲小屋に付属して案内や休息のために設けられたが,後年にはそれらの興行に参画する業者もあった。 このように多様に分化した茶屋は,明治以後の社会の変化と西欧の同種業態の移入に影響を受けて,喫茶店や食堂に変容するものがあったり,カフェーなどの新形態をも生み出す一方で,引手茶屋や芝居茶屋などのように,完全に消滅したものも少なくない。…

※「相撲茶屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相撲茶屋の関連情報