コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮之城 みやのじょう

2件 の用語解説(宮之城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮之城
みやのじょう

鹿児島県北部,さつま町南西部の旧町域。川内川中流域にある。 1919年町制。 1954年佐志村を編入,1955年山崎町と合体。 2005年薩摩町,鶴田町と合体しさつま町となる。古くから祁答院 (けどういん) 七郷の中心で,江戸時代は薩摩藩の集落の一つであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮之城
みやのじょう

鹿児島県北西部、薩摩(さつま)郡にあった旧町名(宮之城町(ちょう))。現在はさつま町の西部及び南部を占める。旧宮之城町は1919年(大正8)町制施行。1954年(昭和29)佐志(さし)村を編入、1955年山崎町と合併。町名は、1595年(文禄4)に都城(みやこのじょう)から移った北郷(ほんごう)氏が旧領にちなみ命名した城名による。2005年(平成17)薩摩町、鶴田(つるだ)町と合併、さつま町となった。旧宮之城町の市街地は川内(せんだい)川中流の小盆地に位置し、国道267号、328号、504号が交差する交通の要地。古代・中世を通じて祁答院(けどういん)七郷の中心で、近世には宮之城島津家の居城・麓(ふもと)などが置かれ、一帯は薩摩藩の穀倉であった。現在は米作のほか茶、畜産が盛ん。明治前期から1971年(昭和46)まで製糸工場もあった。竹林が多く竹製品を特産とする。市街地北東5キロメートルの川内川左岸にある宮之城温泉は、硫黄泉で泉温51℃。文政(ぶんせい)年間(1818~1830)の開湯と伝え、1972年の集中豪雨で温泉街が流失したが、いまは復興している。川内川流域県立自然公園の拠点としてにぎわう。[白石太良]
『『宮之城町史』(1974・宮之城町) ▽『宮之城温泉復興誌』(1982・宮之城町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮之城の関連キーワード鹿児島県薩摩郡さつま町柏原鹿児島県薩摩郡さつま町求名鹿児島県薩摩郡さつま町神子鹿児島県薩摩郡鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾鹿児島県薩摩郡さつま町鶴田鹿児島県薩摩郡さつま町虎居鹿児島県薩摩郡さつま町永野鹿児島県薩摩郡さつま町広瀬鹿児島県薩摩郡さつま町山崎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮之城の関連情報