コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫尾山 しびさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫尾山
しびさん

鹿児島県北西部,出水市さつま町の境にある出水山地の主峰。標高 1067m。別称上宮山。円頂型の孤峰で,砂岩,頁岩の互層からなり,地形は浸食が進み険阻である。ブナ,カシ,モミ,タブなどの巨木や珍しい高山植物が群生し,またカンランの産地として知られている。川内川流域県立自然公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫尾山
しびさん

上宮(かみみや)山ともよぶ。鹿児島県出水(いずみ)市と薩摩(さつま)郡さつま町の境にある山。標高1067メートルで出水山地の主峰となっている。この山地は川内(せんだい)川流域と出水平野との分水界でもある。山麓(さんろく)には森林が多く、モミの原生林がみられ、山頂付近では高山植物もみられる。山頂には紫尾神社(上宮)があり、天草(あまくさ)や霧島(きりしま)など展望がきく。川内川流域県立自然公園に指定され、さつま町側からは山頂まで車で登れる。東麓に紫尾温泉(硫黄(いおう)泉)もある。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紫尾山の関連キーワードさつま木挽 黒麹仕込み手づくり焼酎千鶴東郷(鹿児島県)リュウビンタイ宮之城[町]和紙濾過原酒つづら工芸さつま木挽北薩の屈曲ぼっけもん神にごり薩摩古秘紫尾の露小芋原酒神しずく破壊王いも神園乃露祁答院薩摩国

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫尾山の関連情報