コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出石焼 イズシヤキ

3件 の用語解説(出石焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いずし‐やき〔いづし‐〕【石焼】

兵庫県豊岡市出石地区で生産される陶磁器。江戸中期に始まり、有田(ありた)風の白磁染め付けなどが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いずしやき【出石焼】

出石で産する磁器。1784年に伊豆屋弥左衛門が桜尾に土焼窯を開いたのに始まる。磁器の製造は93年より行われ、有田焼系で、染め付けが中心。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出石焼
いずしやき

兵庫県豊岡(とよおか)市で産する陶磁器。江戸後期には全国的に窯業が大隆盛するが、その一環として出石藩に開かれた高名な窯(かま)。1784年(天明4)に陶器窯として出発したが、89年(寛政1)に二八屋珍左衛門(にはちやちんざえもん)が藩の援助を受けて、九州有田で磁器製法を学び、また城東の柿谷(かきたに)、鶏塚(とりづか)で白磁鉱も発見され、磁器窯に転じた。民窯(みんよう)と藩窯があり、しかも各窯の興亡もかなり激しかったが、その磁器の伝統は今日も保たれている。江戸時代の作風はおおむね有田の伊万里(いまり)焼が手本となっていたため、中国様式が基本で、それに地方色が加わって特色をつくり、染付(そめつけ)磁器や白磁に遺品が多い。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出石焼の関連キーワード出石出石藩豊岡市出雲焼入佐山多治見虎斑石永楽館Aity楽々鶴

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出石焼の関連情報