コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分離派[ロシア] ぶんりは[ロシア]Raskol; Raskol'nik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分離派[ロシア]
ぶんりは[ロシア]
Raskol; Raskol'nik

1667年のロシア教会の分裂に際し,新たに改訂された典礼儀式を認めぬ人々が形成した一派。彼らは正教徒が3本の指で十字を切り,3度ハレルヤを唱えるのに対し,昔ながらに2本の指で十字を切り,ハレルヤを2度唱えた。聖職者と儀式を認める一派と,それらを認めない無聖職者派とに大別されるが,さまざまな分派があった。そのうちで特に有名なのはモロカン教徒やドゥホボール教徒であるが,後者は 19世紀末にトルストイらの援助で大挙してカナダへ移住した。一般に分離派は政府から迫害を受けたが,なかには綿織物工業などで産をなし,大資本家になる者も出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

分離派[ロシア]の関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデン浅野長矩有栖川宮

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android