三条市(読み)さんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三条市」の解説

三条〔市〕
さんじょう

新潟県中部,新潟平野中部から越後山脈にかけて広がる市。南東部で福島県に接する。 1934年市制。 1951年井栗村,1954年本成寺村,大崎村の2村,1955年大島村をそれぞれ編入。 2005年町,下田村と合体。中心市街地は信濃川とその支流五十嵐川の合流点に位置し,古くからの開発地で,中世には地方豪族の勢力争いの場であった。室町時代以降,越後の守護職上杉氏の重臣三条長尾氏の居城が置かれ城下町が形成されたが,江戸時代初期に廃城となって以後は信濃川の河港として,また奥州街道宿場町,市場町として発達。江戸時代中期,五十嵐川の相次ぐ氾濫のため米の不作に苦しんだ農民が和釘を製造,行商してから金物業が発展。大阪府の堺,兵庫県の三木と並んで三大金物町とされている。日用金物に加えて,洋式工具,暖房器具の製造なども行なわれる。 1967年以来工場団地建設が進められている。県下有数の米の産地で,畜産,野菜・山菜栽培も行なわれる。法華宗の総本山本成寺は日蓮の孫弟子日印の開基とされ,節分の鬼おどりは有名。上須頃地区には競馬場がある。市域の一部は越後三山只見国定公園奥早出粟守門県立自然公園に属する。上越新幹線,JR信越本線,弥彦線,国道8号線,289号線などが通り,北陸自動車道のインターチェンジがある。面積 431.97km2人口 9万9192(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android