コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

前川康男 マエカワヤスオ

デジタル大辞泉の解説

まえかわ‐やすお〔まへかはやすを〕【前川康男】

[1921~2002]児童文学作家。東京の生まれ。学徒出陣し、中国で終戦。戦争や国家の問題を問う「ヤン」「魔神の海」を発表。「かわいそうな自動車の話」で野間児童文芸賞を受賞。他に「奇跡クラブ」「おかあさんの生まれた家」など。平成3年(1991)紫綬褒章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

前川康男 まえかわ-やすお

1921-2002 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
大正10年12月25日生まれ。早大在学中に学徒出陣で入隊,中国で敗戦をむかえる。昭和25年から新潮社に勤務し,38年「びわの実学校」編集同人。長編「ヤン」「魔神の海」で戦争や国家の問題を問いつづけ,「かわいそうな自動車の話」で56年野間児童文芸賞をうけた。平成14年10月14日死去。80歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

前川康男
まえかわやすお
(1921―2002)

児童文学作家。東京・京橋生まれ。少年時代を東京と札幌とで過ごす。早稲田(わせだ)大学独文科に学ぶ。早大童話会の機関誌『童苑(どうえん)』に掲載された「ぼくはぼくらしく」(1942)など写実的な童話の佳作を発表。同誌学徒出陣号(1944)に「夜汽車の話」を書き残して出征、中国で敗戦を迎える。汽車に乗って入営する「僕」を主人公とする「夜汽車の話」では、まだぼんやりした輪郭しかもたなかった「国家」は、復員後の「原始林あらし」(1950。『児童文学研究』掲載)では、原始林に住みついた開拓民を、国有林に入り込むのは違法として追い出しにかかる権力として、はっきりと姿をあらわす。「川将軍」(1951。『びわの実』掲載)ほかで児童文学者協会新人賞受賞。リアリズムを鍛えながら、「国家」や「戦争」へのアプローチを続け、それは、『ヤン』(1967。サンケイ児童出版文化賞)、『魔神の海』(1969。日本児童文学者協会賞)の2長編として実を結ぶ。前者では、戦争に体ごとぶつかっていく中国人少年を、後者では、アイヌと江戸時代の日本との争いを書く。ほかに、ファンタスティックな長編童話『奇跡クラブ』(1966)、短編集『ふしぎなふろしきづつみ』(1973)、成長する少年の心をくきやかに描いた『おかあさんの生まれた家』(1979)、『かわいそうな自動車の話』(1981。野間児童文芸賞)、ミステリアスな『テクテクさんのちょっとこわい話』(1992)、戦争で記憶を失った男が子供時代と出会い直す『森のなかの魚』(1993)、江戸時代の船頭、重吉を主人公とする重厚な長編『千石船漂流記』(1995)、ショートショート集『世界一すてきなお父さん』(1998)など多様な作品がある。雑誌『びわの実ノート』編集同人。1991年(平成3)、紫綬褒章(しじゅほうしょう)を受ける。[宮川健郎]
『『ぼくはぼくらしく』(1963・三十書房) ▽『ふしぎなふろしきづつみ』(1973・実業之日本社) ▽『かわいそうな自動車の話』(1981・偕成社) ▽『ヤン』(1987・理論社) ▽『テクテクさんのちょっとこわい話』(1992・文渓堂) ▽『森のなかの魚』(1993・フレーベル館) ▽『だんまり鬼十』(1994・フレーベル館) ▽『千石船漂流記』(1995・フレーベル館) ▽『世界一すてきなお父さん』(1998・小峰書店) ▽『魔神の海』『おかあさんの生まれた家』(講談社青い鳥文庫) ▽『奇跡クラブ』(偕成社文庫) ▽神宮輝夫著『現代児童文学作家対談4 今西祐行・大石真・前川康男』(1988・偕成社) ▽宮川健郎著『現代児童文学の語るもの』(1996・日本放送出版協会) ▽井上ひさし選、日本ペンクラブ編『児童文学名作全集4』(福武文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

前川康男の関連キーワードゴールドスミス(Jerry Goldsmith)科学技術フォード(John Ford(1895―1973))[各個指定]工芸技術部門ドキュメンタリー映画安野光雅帰山教正[各個指定]芸能部門ムン ソリヴェナイト

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone