コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大石真 オオイシマコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大石真 おおいし-まこと

1925-1990 昭和時代後期の児童文学者。
大正14年12月8日生まれ。小峰書店編集部勤務のかたわら童話をかく。昭和29年「風信器」で児童文学者協会新人賞,38年「見えなくなったクロ」で小学館文学賞。「チョコレート戦争」「教室二○五号」などおおくの作品をのこした。平成2年9月4日死去。64歳。埼玉県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大石真
おおいしまこと
(1925―1990)

児童文学作家。埼玉県に生まれ、早稲田(わせだ)大学英文科を卒業。早大童話会出身。出版社に勤めながら創作を続け、『風信器』(1953)で日本児童文学者協会新人賞を受ける。代表作に『チョコレート戦争』(1965)、『教室205号』(1969)など。長編・短編、年少向き・年長向きを問わず、つねに子供自身とその周辺から発する問題を軸に、興味深く読める物語を抑制のきいた文体で展開した。[神宮輝夫]
『『大石真児童文学全集』全16巻(1982・ポプラ社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大石真の関連キーワード前川康男今西祐行生石真人神宮輝夫吉川一渓大石 真大石

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大石真の関連情報