前後不覚(読み)ぜんごふかく

四字熟語を知る辞典「前後不覚」の解説

前後不覚

前後区別もつかなくなること。正常な判断ができなくなること。正体を失うこと。また、その様子

[活用] ―に・―で・―だ。

[使用例] 私は彼がこの調子で、ぐいぐいウイスキイを飲み、いまに大酔いを発し、乱暴を働かないまでも、前後不覚になっては、始末に困ると思い[太宰治*親友交歓|1946]

[使用例] そのときの彼は自覚しているより何層倍も激しく動顛しており、文字通り前後不覚にウロたえていたわけだろう[安岡章太郎*月は東に|1970~71]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「前後不覚」の解説

ぜんご‐ふかく【前後不覚】

〘名〙 (形動) 前後の区別もつかなくなること。正常な判断ができなくなること。正体を失うこと。また、そのさま。
御堂関白記‐長保元年(999)五月二〇日「奉仕官奏。此間心神不宜。退出。前後不覚悩」
※煙管(1933)〈新田潤〉「なにしろ酔ひつぶれて馬車の中に寝たまま全く前後不覚で家の前まで運ばれてゐたこともあるだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android