コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

創学校啓 ソウガッコウケイ

デジタル大辞泉の解説

そうがっこうけい〔サウガクカウケイ〕【創学校啓】

江戸中期の国学書。1巻。荷田春満(かだのあずままろ)著。享保13年(1728)成立。幕府・諸藩の学校教育が儒教中心主義であることを批判し、国学を中心とした学校の設立を幕府に進言したもの。創造倭学校啓。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうがっこうけい【創学校啓】

国学書。一巻。荷田春満かだのあずままろ著。1728年成立。幕府・諸藩の教育が儒教中心になされていることを批判し、古道を振興するために国学の学校を創設するよう幕府に上申したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

創学校啓の関連キーワード荷田春満(かだあずままろ)国学(学問、学派)竹岡 勝也荷田春満古道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android