創学校啓(読み)ソウガッコウケイ

精選版 日本国語大辞典の解説

そうがっこうけい サウガクカウケイ【創学校啓】

江戸中期の国学書。一巻。荷田春満著か。享保一三年(一七二八)成立。幕府・諸藩の学校教育が儒仏の学に偏していることを批判し、日本古来の道を明らかにするために国学の必要を説き、皇国学の学校の建設を幕府に請願したもの。創国学校啓。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

創学校啓
そうがっこうけい

江戸中期,荷田春満 (かだのあずままろ) のした国学書
1728年成立。幕府の要職に進言した文書。内容は日本固有の古道研究が衰えているのを是正して,国学の振興をはかり,国学校の創設を説いたもの。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報