コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

創業者利得 そうぎょうしゃりとく promoter's premium; Gründergewinn

4件 の用語解説(創業者利得の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

創業者利得
そうぎょうしゃりとく
promoter's premium; Gründergewinn

創業者利益ともいう。株式会社制度において,事業活動のために実際に投入された資本と株式資本の総額との差額が利得として取得されるもの。 R.ヒルファーディングによって初めて経済学的に確立された概念。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうぎょうしゃ‐りとく〔サウゲフシヤ‐〕【創業者利得】

会社の設立に際して株式を引き受けた創業者が、保有する株式を株式市場に売りに出した際に取得できる、株式の時価と払込額面価額との差額。起業利得

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうぎょうしゃりとく【創業者利得】

株式会社の創業者が株式の売却によって得る、株式の時価と額面価格との差額。起業利得。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

創業者利得
そうぎょうしゃりとく
founder's profitpromoter's profit

抽象的には、利子を生み出す資本を利潤を生み出す資本に転化するときに生じる特別利得をいう。具体的には、株式会社を設立した創業者(法律上、発起人は1人でよいが、この問題では単複いずれでもよく、創業から株式を非公開で保有してきた人をいう)が、のちになって株式を売却したり、上場して株式を公開したときに得た特別利得をいう。創業者利潤ともいう。創業者は、現金を出資して最初の株式保有者となるが、事業開始後に業績をあげて配当率が利子率を上回れば、株価は投資金額よりも高くなる。この状態のときに株を公開すれば、創業者は、株価(売出し価格)と投下資本の差を利得として受け取ることができる。これが創業者利得である。それは、当該企業の利潤を市場の平均利子率によって資本に還元した額から、その企業に投下した資本を差し引くことによって求められ、次式のように示される。
 創業者利得
  =企業利潤÷平均利子率-企業利潤÷企業利潤率
 たとえば、1株5万円、年1万円の配当をする会社があり、そのときの平均利子率が年6%であれば、その株の株価は16万6667円になる。この状態で株を公開すれば、1株当り11万6667円の創業者利得が生じる。創業者利得は、創業者の努力の対価である。ベンチャー・ビジネスは、創業者利得を目ざす企業といえよう。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

創業者利得の関連キーワード代表訴訟法定準備金蛸配当当期利益静的安全残存者利益創業家独占禁止法適用除外制度架空利益創業者利潤

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone