コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬制資本 ぎせいしほんfictitious capital; fiktives Kapital

6件 の用語解説(擬制資本の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬制資本
ぎせいしほん
fictitious capital; fiktives Kapital

定期的に一定額の収入を受取る名義または請求権を,あたかもそれ自体が資本であるかのように想定 (擬制) した架空の資本。資本主義経済が一般化するにつれて,定期的収入をもたらす元本をすべて資本と呼ぶようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎせい‐しほん【擬制資本】

公社債株券・土地価格など、現実の資本ではないが、それから利子・配当や地代などの収益を得られることから資本とみなされるもの。架空資本

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

擬制資本【ぎせいしほん】

公社債や株式などの利子や配当を平均利子率で割って形成される資本。定期的に利子をもたらす利子生み資本が生ずると,利子の背後には平均利子を生む資本が存在すると想定され,利子を平均利子率で割って資本が逆算(資本還元)される。
→関連項目株価公債債券地価

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎせいしほん【擬制資本 fictitious capital】

銀行を媒介とする貨幣市場で貨幣の貸付けが利子を生むという関係が成立していると,規則的に反復して生み出される貨幣収入の源泉も遊休貨幣による売買の対象となり,その利回りを利子率に一致させるような価格が形成される。そこで定期的な収入はこの収入源泉の価格に対して利子という外観を与えられ,その背後に利子を生む資本の存在が想定されることになる。この資本はあくまで架空のものであるから,一般に擬制資本あるいは架空資本とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎせいしほん【擬制資本】

株式・社債・土地のように、元来は資本として利用されたのではないが、収益を生み資本として価値が計算される架空資本。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

擬制資本
ぎせいしほん
fictitious capital英語
fiktives Kapitalドイツ語

信用制度が発達し、利子付き資本の形態が確立すると、どんな遊休貨幣も、預金や貸付が利子を得る場合のようにいつでも利子を得るものとみなされ、そこから規則正しくもたらされるすべての一定の貨幣所得は、ある一定額の利子付き資本がもたらす利子とみなされる。そうすると今度は、たとえ現実に一定の貨幣所得が利子付き資本からもたらされなくても、その背後にその源泉としての「利子付き資本」があるかのように想定されるようになる。この「資本」は、まったく架空の存在であるから、擬制資本または架空資本とよばれる。
 擬制資本は、定期的な貨幣所得を平均利子率で貸し付けられた資本の利子であるとして計算すれば算出される。すなわち、定期的な貨幣所得を平均利子率で除することによって得られる。この計算を資本還元または資本化という。たとえば、定期的な貨幣所得が5万円、平均利子率5%とすれば、この貨幣所得は、現実の源泉とかかわりなく100万円の「資本」がもたらすものとみなされる。しかし、この「資本」(または5万円に対する請求権)はなんら実体のある資本でも価値でもない。ただ、それが売買の対象となると、上記の資本還元または資本化の手続をとって資本価値を想定し、擬制化し、そしてそれを価格とするのである。
 擬制資本の具体例は、確定利付きの国債・社債、利潤参加証券の株券などの有価証券、土地価格などである。いま株券でいえば、投資者の手元には戻らない株券の額面の金額である株式会社における現実の投資総資本額と、株券の売買における株価(予想収益配当に対する請求権の価格)の総額(擬制資本)とはまったく違ったものである。その差額を創業者利得とよび、利潤を生む資本を、利子を生む「資本」形態にすることから生じる。こうして利子付き資本とその果実の利子との関係は、擬制資本では、収益を擬制資本で除した商を利回りとよんで、擬制資本と利回りというまったく現実的な過程をもたない関係となる。
 利子付き資本が価値増殖の生産過程をみずに隠蔽(いんぺい)したものであるのに対し、擬制資本は現実の価値増殖の生産過程なしに利子を生んだように擬制される転倒した関係=観念であって、資本の物神的性格は最高度に達する。[海道勝稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone