コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉六・劉七の乱 りゅうろくりゅうしちのらん

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうろくりゅうしちのらん【劉六・劉七の乱】

中国の明代,1510年(正徳5)から約2年間,河北省覇県に発生し,山東,河南山西,湖北,安徽江蘇の7省にわたって展開された民衆反乱で,劉六と劉七はその首謀者の兄弟である。当時,貨幣経済と大土地所有の浸透する中で階層分解が進んだが,ことに宦官(かんがん)の異常な圧政に耐えきれず,全国各地に農民反乱が勃発した。劉六らは弓矢の名手で最初捕盗役人だったが,やがて反乱の旗手となり,建国扶賢(国を建て直し賢者を助ける)というスローガンを作り,生員(インテリ)らを糾合して世直し一揆を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

劉六・劉七の乱の関連キーワード江彬

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android