コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加島 カシマ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加島
かしま

広島県南東部の瀬戸内海にあり、尾道(おのみち)市に属する島。面積0.42平方キロメートル。第二次世界大戦後、一時は50人の住民を数えたが、1997年(平成9)無人島となった。東に百(もも)島、西に向(むかい)島がある。松永湾や尾道港からの出入口にあたり、交通上重要である。海岸線や島山が美しく、瀬戸内海国立公園に含まれる。日本海洋技術専門学校の海洋実習島として使用され、夏季には海洋教室が行われる。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加島の関連情報