コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀の潜戸 カカノクケド

デジタル大辞泉の解説

かか‐の‐くけど【加賀の潜戸】

島根県北部、島根半島北部の潜戸鼻先端にある海食洞窟。断崖絶壁の岩肌につくられた洞穴で、洞内にある鍾乳石の天神・御乳石は国の名勝天然記念物に指定されている。出雲(いずも)の神佐太大神(さだのおおかみ)が生まれた場所とされる。大山(だいせん)隠岐(おき)国立公園に属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔島根県〕加賀の潜戸(かかのくけど)


潜戸(くけど)

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

加賀の潜戸の関連キーワード国立公園大山隠岐

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加賀の潜戸の関連情報