コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加須[市] かぞ

百科事典マイペディアの解説

加須[市]【かぞ】

埼玉県北東部の市。1954年市制。利根川南岸の沖積平野を占める。中心の旧加須町地区は中山道奥州街道とを結ぶ脇往還の宿場町,市場町として発達。東武伊勢崎線,東北自動車道が通じる。
→関連項目鯉幟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぞ【加須[市]】

埼玉県北東部の市。1954年加須,不動岡の2町と三俣,礼羽(らいは),大桑,水深,樋遣川(ひやりかわ),志多見の6村が合体,市制。人口6万6821(1995)。関東平野の中心部にあたる加須低地に位置し,付近一帯はかつて利根川本流(現,会の川)の乱流地帯であったため自然堤防や河畔砂丘が発達している。中心街の旧加須町は会の川南岸の河畔砂丘上に位置し,江戸時代は中山道の熊谷宿と日光街道の幸手(さつて)宿を結ぶ脇街道の宿場で,5・10の六斎市には青縞の取引も行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

加須[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android