動物の謝肉祭

デジタル大辞泉の解説

どうぶつのしゃにくさい【動物の謝肉祭】

《原題、〈フランス〉Le carnaval des animauxサン=サーンスの管弦楽曲。1886年作曲。全14曲。他の作曲家の作品を風刺的に用いていたため、生前には出版されなかった。第13曲「白鳥」は作曲家自身の作品であり、チェロ独奏曲として演奏される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

動物の謝肉祭【どうぶつのしゃにくさい】

サン・サーンスの全14曲からなる組曲。《Carnaval des Animaux》。1886年の作曲で,同年私的な集いで演奏されたのち第13曲の《白鳥》を除いて作曲者の生前には再演の機会がなく,1922年ピエルネの指揮で公開初演。2台のピアノを含む室内楽,2台のピアノとオーケストラの2つの版がある。ライオン,ゾウ,ピアニスト,化石などを戯画的に描いた作品で,オッフェンバックベルリオーズの作品,自作の交響詩《死の舞踏》(1874年)などが巧みに〈引用〉されたパロディ音楽の傑作。《白鳥》はのちにピアノ伴奏付に編曲され,チェロ小品として人気が高い。→フォーキン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶつのしゃにくさい【動物の謝肉祭】

サン=サーンスの室内楽曲。全一四曲。1886年作。「白鳥」が特に有名で、チェロ独奏用編曲でよく演奏される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物の謝肉祭
どうぶつのしゃにくさい
Le Carnaval des Animaux

フランスの作曲家サン・サーンスが小編成の管弦楽のために書いた14曲からなる組曲。1886年、謝肉祭最終日の音楽会のために作曲したもので、人間(ピアニスト)を含むさまざまな動物がユーモラスに、あるいは皮肉を込めて描かれている。とくに第13曲の「白鳥」Le Cygneはピアノ伴奏付きチェロ独奏曲に編曲され、広く親しまれるようになった。また第四曲「亀(かめ)」や全部の動物が勢ぞろいする「終曲」では、オッフェンバックの喜歌劇『天国と地獄』の旋律を借用するなど他の作品からのパロディーもあり、多彩な効果をあげている。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

どうぶつのしゃにくさい【動物の謝肉祭】

(原題Carnaval des Animaux) 管弦楽組曲。一八八六年、サンサーンス作。全一四曲からなり、第一三曲の「白鳥」はチェロ独奏曲としても有名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物の謝肉祭の関連情報