コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物の謝肉祭

4件 の用語解説(動物の謝肉祭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

動物の謝肉祭

フランスの作曲家サン・サーンス管弦楽曲(1886)。原題《Le carnaval des animaux》。全14曲。第13曲『白鳥』はチェロ独奏曲としても人気がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

動物の謝肉祭【どうぶつのしゃにくさい】

サン・サーンスの全14曲からなる組曲。《Carnaval des Animaux》。1886年の作曲で,同年私的な集いで演奏されたのち第13曲の《白鳥》を除いて作曲者の生前には再演の機会がなく,1922年ピエルネの指揮で公開初演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶつのしゃにくさい【動物の謝肉祭】

サン=サーンスの室内楽曲。全一四曲。1886年作。「白鳥」が特に有名で、チェロ独奏用編曲でよく演奏される。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物の謝肉祭
どうぶつのしゃにくさい
Le Carnaval des Animaux

フランスの作曲家サン・サーンスが小編成の管弦楽のために書いた14曲からなる組曲。1886年、謝肉祭最終日の音楽会のために作曲したもので、人間(ピアニスト)を含むさまざまな動物がユーモラスに、あるいは皮肉を込めて描かれている。とくに第13曲の「白鳥」Le Cygneはピアノ伴奏付きチェロ独奏曲に編曲され、広く親しまれるようになった。また第四曲「亀(かめ)」や全部の動物が勢ぞろいする「終曲」では、オッフェンバックの喜歌劇『天国と地獄』の旋律を借用するなど他の作品からのパロディーもあり、多彩な効果をあげている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動物の謝肉祭の関連情報