コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勢子 せこ

4件 の用語解説(勢子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勢子
せこ

狩猟の補助者。鳥獣を駆り出したり,また逃げ出すことを防ぎ,射手がそれを撃取るのを補助する。いのしし,しかなどの大物猟では,射手と勢子が多数で猟隊を組み,勢子が狩猟犬とともに山や森林の中から獲物を追出し,射手が持ち場で待ち構えて撃つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せ‐こ【勢子/列卒】

《「せご」とも》狩猟の場で、鳥獣を追い出したり、他へ逃げるのを防いだりする役目の人。狩子(かりこ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せこ【勢子】

狩猟に際して野獣を追い出したり包囲して一方に誘導する人々をさす言葉。勢子を多数用いて野獣をとりまき捕獲する猟法を一般に巻狩と呼ぶ。近世・中世に領主が多数の農民を使役した巻狩では,勢子は数百人を超えることがまれではなかった。現代ではまたぎなどの仲間で巻狩を行うが,その場合は勢子役は指揮者の指名に従ってなすべきものとされ,射撃は行わないのが通例で,それについて不服をいわないことが不文律となっている。しかしながら,全国的にみて指揮者,射手,勢子役などを分担する適任者は衆目の一致する形できまることが多く,その成果は現物の場合でも換金した場合でも,任務にかかわらず平等分配が原則である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勢子
せこ

集団の狩猟で、鳥獣を駆り出すことを受け持つ人々。カリコ、マキコ、サワナリなどともいう。集団猟では、タチバ、タツマ(射場)に待ち伏せている「撃ち手」に対し、山谷を巻き込んで獲物を追い出す人々が必要で、その数や配置にも狩猟対象ごとに一定のきまりがおのずからできていた。谷の下から寄せるのをナリコミ、上から寄せるのをオオビキとよんでいた所もある。それを指揮するのがスカリ、シカリなどとよぶ狩猟の「頭目」であった。また旧時、大名などの行った大掛りな「巻狩り」には、たくさんの「勢子」が動員されもしたが、その多くは臨時に駆り出された農民であった。専業的な狩人(かりゅうど)団では「勢子」の役割もおおむね固定していて、狩猟成果の配分にもあずかった。それを「カケダマス」とよんでいた所もある。また、明治以後には学校行事として「兎(うさぎ)狩り」が行われた所が多かったが、その際の「勢子」はすべて生徒たちであり、若干の「狩人」が雇われて「射手」になっていた。古い「巻狩り」の名残(なごり)であろう。しかしマタギなどの専業的狩猟団は生業の根拠をいまや失い、一般的な「巻狩り」もまったく消失したので、「勢子」の名も過去の存在となったとみてよいであろう。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勢子の関連キーワード狩猟猟犬追い出し・追出し走狗方相氏追出し狩犬追出し部屋追い出し規制法案追いコン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勢子の関連情報