コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化仏 けぶつ

5件 の用語解説(化仏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化仏
けぶつ

応化仏,変化仏ともいう。仏が衆生を救済するために衆生に応じた姿に変化して現れた身体。あるいは,本地仏を示すために菩薩像などの頭上に置く小型の仏像をもさしていう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

け‐ぶつ【化仏】

仏語。衆生(しゅじょう)を済度(さいど)するため、機に応じて如来が出現させる仮の仏形。また、菩薩(ぼさつ)などがその本地仏を表示するため、頭上に表す仏形。観音の頭上の阿弥陀像などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

化仏【けぶつ】

仏が衆生(しゅじょう)を済度するため,別の姿で現れること。応化(おうげ)仏,変化(へんげ)仏とも。また,本地仏を示すために仏像の頭部などに置かれた小型の仏をいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けぶつ【化仏】

変化(へんげ)の仏,応化(おうけ)の仏の意で,人々を救済するために如来(仏)が別な姿で現れるその身をいう。仏教では如来の三身(法身,報身,応身)を説くが,その応身にあたる。また,観音菩薩の頭部やその宝冠に阿弥陀仏の化仏を見るように,本地仏を標識して現す小仏像をもいう。千手観音では左の1手に化仏を持つ。ほかに光背や天蓋,また塼仏,押出仏,板絵,壁画などにも表現され,善導大師画像,空也上人彫像などでは念仏もろとも口から化仏が現れる姿を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けぶつ【化仏】

〘仏〙 衆生しゆじようを救うために、さまざまな姿となって現れた仏。化身。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化仏の関連キーワード応化一仏一仏世界応化利生七変化変化身本仏妖怪変化後の仏応化/オーカ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化仏の関連情報