コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電解研磨 でんかいけんまelectrolytic polishing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電解研磨
でんかいけんま
electrolytic polishing

電気分解で金属陽極が溶解することを応用した研磨法。研磨すべき金属を硫酸,リン酸またはアルカリ液中において,高い電流密度 (50A/ dm2 以上) で陽極溶解すると,微視的凸部が優先的に溶解し,ある場合には表面上のよごれや酸化物を溶かし新たにごく薄い緻密な化学的に強固な皮膜を形成し,平滑化と耐食性を向上させる。直流だけでなく交流でもできる。金属製品の美化,耐食性増加,機械部品の仕上げなどに広く応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

電解研磨【でんかいけんま】

金属表面を平滑で光沢のある面に仕上げる加工法。金属工作物を電解液中につけて陽極とし,溶液中の陰極との間に電流を流したときに起こる陽極の溶解反応を利用して,表面を平滑化させる。
→関連項目研磨

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんかいけんま【電解研磨 electrolytic polishing】

金属表面の平滑化,光沢化を目的とする研磨技術の一種。特殊な組成の電解浴中に被加工物を浸漬して陽極とし,同じ溶液中におかれた陰極との間に電流を流すとき起こる陽極の溶解反応を利用するもので,化学研磨における酸化剤の作用を電解でおきかえたものといえる。化学研磨法に比べて特別な装置が必要となるが,処理時間の短縮と適用範囲が広いという利点がある。硬い材料でも軟らかい材料でもともに容易に適用できることや,加工者の熟練度をあまり必要としないことなどが機械研磨より優れている点である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

でんかいけんま【電解研磨】

電気分解を利用した金属・半導体の研磨方法。濃厚なリン酸水溶液などの電解液中に浸した金属・半導体を陽極として電流を流し、表面の凸部を溶解させて、平滑で光沢のある表面にする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

電解研磨の関連キーワード薄衣電解工業電子顕微鏡微小硬さ半導体電解槽磁区

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android