コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山杉 キタヤマスギ

3件 の用語解説(北山杉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたやま‐すぎ【北山杉】

京都市北部から産する杉。磨き丸太として、室町時代から茶室数寄屋に重用された。現代では高級建築材として床柱などに用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きたやますぎ【北山杉】

京都市北山地方の民間で生産される特殊な杉材。室町時代から北山磨丸太(みがきまるた)の名で知られ,台杉丸太とも北山丸太とも称された。京都に近接する北山地方の杉植伐林業は1000年以上の歴史をもつといわれるが,台杉林業,すなわち1本の杉台木(台杉=株木)から数本の通直な幹を育て,下から順次枝を払って節をなくし,目的に合ったものから抜き伐り,磨いて利用する〈磨丸太〉の技法は,応永年間(1394‐1428)に始まると伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きたやますぎ【北山杉】

京都市北山地方で産出する杉材。室町時代から北山磨き丸太の名で知られ、茶室・書院の柱や桁、軒先の垂木、天井縁に重用された。現在では高級建築材として床柱などに用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北山杉の関連情報