コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北山杉 キタヤマスギ

世界大百科事典 第2版の解説

きたやますぎ【北山杉】

京都市北山地方の民間で生産される特殊な杉材。室町時代から北山磨丸太(みがきまるた)の名で知られ,台杉丸太とも北山丸太とも称された。京都に近接する北山地方の杉植伐林業は1000年以上の歴史をもつといわれるが,台杉林業,すなわち1本の杉台木(台杉=株木)から数本の通直な幹を育て,下から順次枝を払って節をなくし,目的に合ったものから抜き伐り,磨いて利用する〈磨丸太〉の技法は,応永年間(1394‐1428)に始まると伝えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きたやますぎ【北山杉】

京都市北山地方で産出する杉材。室町時代から北山磨き丸太の名で知られ、茶室・書院の柱や桁、軒先の垂木、天井縁に重用された。現在では高級建築材として床柱などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

北山杉[工芸用具・工芸材料]
きたやますぎ

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都府北山地方及びその周辺で植林した杉の原木。応永年間(1394年〜1428年)頃から、北山丸太の原木として植林された。北山杉は1974(昭和49)年、京都府の木に選定。2008(平成20)年2月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5111905号。地域団体商標の権利者は、京都市森林組合・京北森林組合・美山町森林組合・日吉町森林組合・八木町森林組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

北山杉の関連キーワード京都府京都市右京区京北[町]京北〈町〉近畿地方古都呼吸北区書院垂木軒先木場銘木

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北山杉の関連情報