北島(町)(読み)きたじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北島(町)
きたじま

徳島県北東部、板野郡にある町。吉野川の三角州上に位置する。1934年(昭和9)東邦人造繊維(のち東邦レーヨン。現、東邦テナックス)の進出で人口が増加、1940年町制施行。町域は旧吉野川と今切(いまきれ)川に囲まれて島状をなし、東端部を国道11号がかすめる。JR高徳線勝瑞(しょうずい)駅が近い。西は微高地で江戸時代には藍(あい)栽培地であった。東は低湿地で水田、蓮根(れんこん)地帯である。チューリップ生産が盛んで、近年は約100万本を出荷している。第二次世界大戦後、今切川の水運と地下水に恵まれて東邦レーヨンの関連企業や化学、機械工業が進出し、徳島県第一の工業地域を形成した。1968年(昭和43)には塩素ガス漏れ事故が相次ぎ、北島町公害対策協議会が結成され、1970年には悪臭、金属腐食の公害から身を守る運動が川内(かわうち)地区に起きた。近年は徳島市の郊外住宅地として都市化が進み人口も増加。面積8.74平方キロメートル、人口2万2446(2015)。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北島(町)の関連情報