コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北川民次 きたがわ たみじ

7件 の用語解説(北川民次の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

北川民次

洋画家。静岡県生。早大中退後渡米し、ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグでジョンスローンに師事。その後メキシコサンカルロス美術学校に入る。トラルパムの野外美術学校に勤め、同校をタスコに移し校長となる。帰国後二科展で活躍。名古屋動物美術学校、北川児童美術研究所、創造美育協会等を創立。二科会会長。平成元年(1989)歿、95才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたがわ‐たみじ〔きたがは‐〕【北川民次】

[1894~1989]洋画家。静岡の生まれ。二科会会員。渡米してニューヨークに学んだのち、メキシコに渡りシケイロスらと交遊。メキシコ絵画の影響を受けた、力強い作風が特徴。作品に「タスコの祭日」「哺育」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北川民次【きたがわたみじ】

洋画家。静岡県生れ。早大中退後,米国,メキシコで美術学校に学び,メキシコ革命後の美術運動に参加,1926年メキシコ野外美術学校教授,1931年タスコの野外美術学校校長となる。
→関連項目名古屋市美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北川民次 きたがわ-たみじ

1894-1989 大正-昭和時代の洋画家。
明治27年1月17日生まれ。大正2年渡米,ジョン=スローンに師事。革命後のメキシコで,壁画運動と児童画教育にたずさわる。昭和11年帰国,二科展に「タスコの祭日」を出品。39年「哺育」で現代日本美術展優秀賞。一貫して民衆生活を力づよい構成でえがいた。平成元年4月26日死去。95歳。静岡県出身。早大中退。著作に「絵を描く子供たち」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きたがわたみじ【北川民次】

1894‐1989(明治27‐平成1)
画家。静岡県出身。早稲田大学を中退して渡米。1917年ニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグでスローンJohn Sloan(1871‐1951)の指導を受けるが,そのときの学友に国吉康雄がいる。アメリカ南部を放浪し,キューバを経て,23年メキシコに入る。サン・カルロス美術学校を卒業後,オロスコリベラシケイロスなどメキシコ壁画運動の推進者たちと交友する。メキシコ市郊外トラルパンの野外美術学校,タスコでの児童画教育を約10年間行い,36年に帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きたがわたみじ【北川民次】

1894~1989) 洋画家。静岡県生まれ。渡米後、絵画を学び、メキシコに渡りリベラらと親交。また同地で児童の美術教育にも携わる。メキシコ絵画の影響を受けた力強い描線と色彩をもつ作品を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北川民次
きたがわたみじ
(1894―1989)

洋画家。静岡県生まれ。1913年(大正2)早稲田(わせだ)大学を中退してニューヨークに渡り、アート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。23年メキシコに移り、サンカルロス美術学校を卒業。革命後の美術運動に参加してシケイロス、リベラ、オロスコと交友する。36年(昭和11)帰国し、翌年二科展に『タスコの祭日』ほかを出品して会員となる。第二次世界大戦後は、創造美育協会の創立に参加。第6回現代日本美術展に『哺育(ほいく)』を出品して優秀賞を受ける。力強く明快な具象作風を示し、版画作品も多い。著書『絵をかく子どもたち』ほか。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北川民次の言及

【美術教育】より

…その後,軍国主義化が進行し図画は〈国民的情操ノ陶冶ニ資スルモノ〉として,皇国民育成のための国民学校芸能科図画にとって代わられた。 以上のような第2次大戦前および戦時中の国家主義的な教育に対し,戦後,久保貞次郎や北川民次らによって,子どもを解放し自由に表現させることをめざす創造美育運動(協会設立は1952年5月)が展開された。これはチゼックや山本鼎の思想をうけつぐもので,教師やおとなの権威,干渉,指示を排除するとともに児童画の芸術的評価と教育的評価の一致を強く主張した。…

※「北川民次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北川民次の関連キーワード早慶戦早稲田早稲田大学稲門会早稲女早稲田通り早稲田カード東京都新宿区西早稲田早稲田大学軍事研究団事件《早稲田大学新聞》

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北川民次の関連情報