コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北本[市] きたもと

百科事典マイペディアの解説

北本[市]【きたもと】

埼玉県中東部,大宮台地北部の市。1971年市制。主集落は近世初期中山道宿駅であった。昭和初期に高崎線開通後も1950年代までは農村地帯であったが,1960年代から酒造,機械などの工場が進出し,住宅地化も進み人口が急増した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたもと【北本[市]】

埼玉県中央部の市。1959年北本宿村が町制改称。71年市制。人口6万9929(1995)。市域の大半が大宮台地上にあり,西端を荒川が流れ,東縁部は元荒川の低地となる。近世は本宿と呼ばれたが,これは慶長年間(1596‐1615)中山道の宿場鴻巣(こうのす)に移されるまで宿駅がおかれたことによる。以来,宿場として発展することもなく,1928年高崎線北本宿駅(現,北本駅)が開設された後も,50年代までは,平地林に囲まれた緑の多い農村であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

北本[市]の関連キーワードマズロー阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫東松照明ビーティーファスビンダー宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android