コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北本[市] きたもと

2件 の用語解説(北本[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

北本[市]【きたもと】

埼玉県中東部,大宮台地北部の市。1971年市制。主集落は近世初期中山道の宿駅であった。昭和初期に高崎線開通後も1950年代までは農村地帯であったが,1960年代から酒造,機械などの工場が進出し,住宅地化も進み人口が急増した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたもと【北本[市]】

埼玉県中央部の市。1959年北本宿村が町制,改称。71年市制。人口6万9929(1995)。市域の大半が大宮台地上にあり,西端を荒川が流れ,東縁部は元荒川の低地となる。近世は本宿と呼ばれたが,これは慶長年間(1596‐1615)中山道の宿場が鴻巣(こうのす)に移されるまで宿駅がおかれたことによる。以来,宿場として発展することもなく,1928年高崎線北本宿駅(現,北本駅)が開設された後も,50年代までは,平地林に囲まれた緑の多い農村であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

北本[市]の関連キーワード本郷直樹奈良富士子杉田二郎ECGI(電子制御式ガソリン噴射装置)仮面ライダーさるとびエッちゃんタイガーマスクふしぎなメルモアフリカ映画甘え

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone