コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠八穂 キタバタケヤホ

3件 の用語解説(北畠八穂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたばたけ‐やほ【北畠八穂】

[1903~1982]小説家・児童文学者。青森の生まれ。本名、美代。作家深田久弥と結婚したが、のち離婚。方言を駆使した郷土色豊かな作品を描く。「鬼を飼うゴロ」で野間児童文芸賞受賞。他に「十二歳の半年」、小説「もう一つの光を」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠八穂 きたばたけ-やほ

1903-1982 昭和時代の小説家,児童文学作家。
明治36年10月5日生まれ。深田久弥(きゅうや)と結婚,のち離婚。カリエスとたたかいながら,生地青森県の郷土色ゆたかな作品をうみだす。昭和47年「鬼を飼うゴロ」で野間児童文芸賞,産経児童出版文化賞大賞。小説集に「もう一つの光を」がある。昭和57年3月18日死去。78歳。実践女学校専門学部中退。本名は美代。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北畠八穂
きたばたけやほ
(1903―1982)

小説家、児童文学者。青森市生まれ。実践専門学校国文科中退。17歳で『主婦之友』募集文に当選。作家深田久弥(きゅうや)と結婚したが、1945年(昭和20)離婚。49年10月『銀河』創刊号に、戦災で家族を失い自分も半身不随になった少年が、明るく生きていく姿を描いた『十二歳の半年』を発表。72年『鬼を飼ってる少年』で野間児童文芸賞受賞。方言を使った独特のリズミカルな文体と、逆境のなかでもけっして希望を失わない人生観が作品の魅力となっている。[西田良子]
『『北畠八穂児童文学全集』全6巻(1974~76・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

北畠八穂の関連キーワードプラット修正ロシア映画鳥羽一郎日野美歌THE虎舞竜鉱業政策敦煌石窟早稲田大学キュリーククルイニクスイ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北畠八穂の関連情報