コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北畠八穂 キタバタケヤホ

3件 の用語解説(北畠八穂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きたばたけ‐やほ【北畠八穂】

[1903~1982]小説家・児童文学者。青森の生まれ。本名、美代。作家深田久弥と結婚したが、のち離婚。方言を駆使した郷土色豊かな作品を描く。「鬼を飼うゴロ」で野間児童文芸賞受賞。他に「十二歳の半年」、小説「もう一つの光を」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

北畠八穂 きたばたけ-やほ

1903-1982 昭和時代の小説家,児童文学作家。
明治36年10月5日生まれ。深田久弥(きゅうや)と結婚,のち離婚。カリエスとたたかいながら,生地青森県の郷土色ゆたかな作品をうみだす。昭和47年「鬼を飼うゴロ」で野間児童文芸賞,産経児童出版文化賞大賞。小説集に「もう一つの光を」がある。昭和57年3月18日死去。78歳。実践女学校専門学部中退。本名は美代。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北畠八穂
きたばたけやほ
(1903―1982)

小説家、児童文学者。青森市生まれ。実践専門学校国文科中退。17歳で『主婦之友』募集文に当選。作家深田久弥(きゅうや)と結婚したが、1945年(昭和20)離婚。49年10月『銀河』創刊号に、戦災で家族を失い自分も半身不随になった少年が、明るく生きていく姿を描いた『十二歳の半年』を発表。72年『鬼を飼ってる少年』で野間児童文芸賞受賞。方言を使った独特のリズミカルな文体と、逆境のなかでもけっして希望を失わない人生観が作品の魅力となっている。[西田良子]
『『北畠八穂児童文学全集』全6巻(1974~76・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北畠八穂の関連キーワード三角寛桜田常久大谷藤子川名完次寺崎浩野沢純湯浅克衛横山美智子吉田十四雄若杉慧

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北畠八穂の関連情報