コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三仏 じゅうさんぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十三仏
じゅうさんぶつ

人の死後初七日から三十三回忌までの忌日を司るとされる 13の仏の総称室町時代に始った俗説。それぞれの忌日には,十三仏に死者の追善供養の成就が祈願される。 (1) 初七日,不動明王,(2) 二七日,釈迦如来,(3) 三七日文殊菩薩,(4) 四七日,普賢菩薩,(5) 五七日,地蔵菩薩,(6) 六七日,弥勒菩薩,(7) 七七日薬師如来,(8) 百ヵ日,観世音菩薩,(9) 一周忌,勢至菩薩,(10) 三回忌,阿弥陀如来,(11) 七回忌,阿 閦如来,(12) 十三回忌,大日如来,(13) 三十三回忌,虚空蔵菩薩

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうさん‐ぶつ〔ジフサン‐〕【十三仏】

年忌追善に際し、初七日から三十三回忌までの13回に配当して供養する仏・菩薩(ぼさつ)。南北朝時代に成立した信仰

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうさんぶつ【十三仏】

初七日から三十三回忌までの一三回の追善供養仏事に配当した仏・菩薩の総称。室町時代に成立した信仰。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十三仏
じゅうさんぶつ

死者の追善供養(くよう)で初七日から三十三回忌までの13回の法事に、本尊とされる13の仏(ぶつ)・菩薩(ぼさつ)。十王信仰などと関係して室町時代ごろに民間に広まった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

十三仏の関連キーワード十王(亡者を裁く10人の王)山口県山口市徳地深谷千光寺(兵庫県)道教/道教の神々楡岾寺五十三仏下田[温泉]天草[町]臼杵石仏大津絵天草灘仏ヶ浦妙見浦十王命日

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三仏の関連情報