コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三塚原 じゅうさんつかばる

2件 の用語解説(十三塚原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十三塚原
じゅうさんつかばる

鹿児島県北東部,霧島山の南西方に広がるシラス台地。姶良市霧島市にまたがる。東西約 3km,南北約 6km。標高約 250mの平坦面の中に,小さな浸食谷がみられる。台地上は畑作地で,サツマイモ,ムギ,ナタネタバコ,チャ(茶)をつくるが生産性は低い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十三塚原
じゅうさんつかばる

鹿児島湾奥の姶良(あいら)市加治木町(かじきちょう)地区、霧島(きりしま)市溝辺町(みぞべちょう)地区、同市隼人町(はやとちょう)地区の3地区にまたがって開けたシラス台地。地名は、大隅(おおすみ)の国分八幡(こくぶはちまん)と宇佐八幡とが神位を争ったとき、宇佐側が国分八幡を焼かせ、その使者が帰途この地で13人倒れたので、ここに塚をつくったことによる。南北約7キロメートル、東西約3キロメートル、標高240~280メートルの間に広大な平坦(へいたん)面をもつ。周囲は霧島山から流れる天降(あもり)川や網掛(あみかけ)川の支流によって侵食され急崖(きゅうがい)をなす。台地上では現在茶、野菜類、果樹の栽培が行われている。第二次世界大戦中この台地の一角に海軍の飛行場があったが、1972年(昭和47)現在の溝辺町地区に鹿児島空港が建設された。九州自動車道や空港関連施設(ホテル、ターミナルビル、駐車場など)も多くなり、台地上の景観はいまなお変化しつつある。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十三塚原の関連キーワード霧島温泉郷霧島温泉曽於牧園[町]鹿児島県霧島市霧島大窪鹿児島県霧島市霧島川北鹿児島県霧島市霧島田口鹿児島県霧島市霧島永水鹿児島県指宿市西方鹿児島県霧島市隼人町内

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone