コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十全大補湯 じゅうぜんたいほとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じゅうぜんたいほとう【十全大補湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)人参(にんじん)桂皮(けいひ)川芎(せんきゅう)芍薬(しゃくやく)地黄(じおう)蒼朮(そうじゅつ)または白朮(びゃくじゅつ)茯苓(ぶくりょう)黄耆(おうぎ)甘草(かんぞう)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。病後の体力回復、疲労倦怠(けんたい)胃腸虚弱貧血などに用い、食欲不振、栄養不良、手足の冷えといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

十全大補湯の関連キーワードがんの漢方療法病後

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android