十全大補湯(読み)じゅうぜんたいほとう

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

じゅうぜんたいほとう【十全大補湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)人参(にんじん)桂皮(けいひ)川芎(せんきゅう)芍薬(しゃくやく)地黄(じおう)蒼朮(そうじゅつ)または白朮(びゃくじゅつ)茯苓(ぶくりょう)黄耆(おうぎ)甘草(かんぞう)などを含む。宋(そう)代の医学書『和剤局方(わざいきょくほう)』などに処方が示されている。病後の体力回復、疲労倦怠(けんたい)胃腸虚弱貧血などに用い、食欲不振、栄養不良、手足の冷えといった症状をともなうとき、とくに有効とされる。体力の弱っている人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android