コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十村 トムラ

3件 の用語解説(十村の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

と‐むら【十村】

江戸時代、加賀藩に置かれた、10か村ないし数十か村を単位に設定された地方(じかた)支配の組織。また、その長。他藩の大庄屋にあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とむら【十村】

加賀藩の農政機関の名称で,他領の大庄屋に相当し,農政実務の上で重要な役割を果たした。通説では1604年(慶長9)郡奉行の下に設置。有力な大百姓から選任し,当初は新開(しんがい),走り人対策等をおもな職責とし,十村組頭肝煎と呼んだ。その後,藩当局の直接的百姓支配体制の貫徹に伴って職掌は農政実務の全般に及び,管轄区域も10ヵ村程度であったものが数十ヵ村に大組化した。改作法のときに御扶持人十村ができ,その後に無組御扶持人十村を最上位とする9等級の格付けができた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十村
とむら

江戸時代、加賀藩の十村組の長のことで、十村肝煎(きもいり)、十村頭(がしら)の略称。他藩の大庄屋(おおじょうや)にあたり、当藩の徴税など支配の末端機関として機能した。一村支配の肝煎に対し、数十村をあわせた組の支配を担当し、農民のなかで、持高(もちだか)・家格・技量の優れた者が選ばれた。百姓身分ながらその高級者には扶持(ふち)が与えられ、幕末には苗字(みょうじ)も許された。1604年(慶長9)に創始されているが、改作法(農政中心の藩政改革)の実施の際に制度的に確立した。その階層は、無組御扶持人、組持御扶持人、平(ひら)十村の3種に大別され、その役柄もそれに応じて決まっていたが、それぞれ3種についてその退役者を並(なみ)、その子弟で後継予定者を列(れつ)と称したので、現役をあわせると九つの階層になる。1819年(文政2)に大疑獄事件が起こり一時廃止されたが、39年(天保10)に復活し、明治維新まで存続した。[吉武佳一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

十村の関連キーワード安田休圃大石久敬大庄屋加賀官制行政機関農政全書村役人他領地方行政機関

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

十村の関連情報