コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十村 トムラ

世界大百科事典 第2版の解説

とむら【十村】

加賀藩の農政機関の名称で,他領大庄屋に相当し,農政実務の上で重要な役割を果たした。通説では1604年(慶長9)郡奉行の下に設置。有力な大百姓から選任し,当初は新開しんがい),走り人対策等をおもな職責とし,十村組頭肝煎と呼んだ。その後,藩当局の直接的百姓支配体制の貫徹に伴って職掌は農政実務の全般に及び,管轄区域も10ヵ村程度であったものが数十ヵ村に大組化した。改作法のときに御扶持人十村ができ,その後に無組御扶持人十村を最上位とする9等級の格付けができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十村
とむら

江戸時代、加賀藩の十村組の長のことで、十村肝煎(きもいり)、十村頭(がしら)の略称。他藩の大庄屋(おおじょうや)にあたり、当藩の徴税など支配の末端機関として機能した。一村支配の肝煎に対し、数十村をあわせた組の支配を担当し、農民のなかで、持高(もちだか)・家格・技量の優れた者が選ばれた。百姓身分ながらその高級者には扶持(ふち)が与えられ、幕末には苗字(みょうじ)も許された。1604年(慶長9)に創始されているが、改作法(農政中心の藩政改革)の実施の際に制度的に確立した。その階層は、無組御扶持人、組持御扶持人、平(ひら)十村の3種に大別され、その役柄もそれに応じて決まっていたが、それぞれ3種についてその退役者を並(なみ)、その子弟で後継予定者を列(れつ)と称したので、現役をあわせると九つの階層になる。1819年(文政2)に大疑獄事件が起こり一時廃止されたが、39年(天保10)に復活し、明治維新まで存続した。[吉武佳一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

十村の関連キーワード牛の角突きの習俗宝達志水(町)芭蕉翁行状記ばんどり騒動太田佐次兵衛朽木兵左衛門山古志[村]中橋久左衛門宮崎忠次郎伊東彦四郎新家理与門武部 敏行中村 仙巌後藤太兵衛大聖寺一揆多賀谷亀翁鹿野小四郎土屋又三郎安藤兵九郎江戸時代

十村の関連情報