コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千人針 せんにんばり

5件 の用語解説(千人針の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千人針
せんにんばり

白色または黄色の晒木綿 (さらしもめん) に 1000人の女が赤糸で1針ずつ縫って 1000個の結び目をつくり,出征兵の腹巻にすると弾丸よけになるとされた一種のお守り。初めは寅年生れの女 1000人の手になるものをいった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんにん‐ばり【千人針】

一枚の布に、千人の女性が赤糸で一針ずつ縫い、千個の縫い玉を作った布。出征兵士の武運長久を祈って贈った。日清日露戦争のころ始まり、日中戦争以後盛んになった。千人結び

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんにんばり【千人針】

日清・日露戦争のころにはじまり,第2次大戦中とくにその前期に出征兵士に婦人たちから贈物とされた弾丸よけの守りで,腹巻の形をとっていたものが多い。白または黄色のさらしに赤糸をもって1人1針ずつを縫ってもらい,1000人の針目を通し,これに5銭もしくは10銭の白銅貨を結びつけるのがふつうであった。1000人の祈念を結集して使用者の身の安全を願うという意味でつくられたものである。5銭は〈4銭(死線)を越える〉,10銭は〈9銭(苦線)を越える〉という語呂合せによった縁起を祝ったものであって,実用的な弾丸よけ効果はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんにんばり【千人針】

一枚の布に千人の女性が赤糸で一針ずつ刺して縫い玉をつくり、武運と無事を祈って出征兵士に贈ったもの。日清・日露戦争の頃に始まったという。千人結び。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千人針
せんにんばり

千人の女性が一針ずつ縫って結び目をこしらえた白木綿の布。これを肌につけて戦争に赴けば、戦苦を免れ無事に帰還することができるという俗信から発生した風習。このような俗信は、弱い者や危機にある人のために、多人数の力をあわせて、危機を無事に脱却させようとする動機から出た呪願(じゅがん)の一種とみてよい。1894~95年(明治27~28)と1904~05年(明治37~38)の日清(にっしん)・日露戦争のときから始まったという。肌に巻く晒(さらし)などに赤い糸で縫うもので、この赤という色にも災害をよける意味があったとみられる。日中戦争~第二次世界大戦の際には、街角や駅前などに女の人が並んで一針を請うていたが、当時流通していた五銭・十銭の穴あき硬貨を同じ糸でかがりつけて、「死線(四銭)を越える、苦戦(九銭)を免れる」などという呪(まじな)いにする俗信もあわせて行われていた。とくに「虎(とら)は千里を行き千里を帰る」という故事に基づいて、寅(とら)年生まれの女性からはその年齢だけの数を縫ってもらうと効が多いといわれていた。[丸山久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千人針の言及

【数】より

…33は厄年や弔い上げの年忌とされ,49も忌明け,七七日(なななのか),四十九餅など葬送儀礼でよく使われる。100は百日目の食初めとか百度参りといった儀礼や祈願にみられ,1000も千社詣,千社札,千人針,千人結び,千歳飴(ちとせあめ)など縁起のよい数とされている。【飯島 吉晴】。…

※「千人針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千人針の関連キーワード軍用犬沙河始まり大江志乃夫新島八重(1845―1932)飯島茂但馬惟孝西島助義西島良爾米良貞雄

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千人針の関連情報