コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千仏 センブツ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ぶつ【千仏】

過去・現在・未来の三劫(さんごう)にそれぞれ現れるという千人の。特に現在の賢劫の千人の仏をいい、釈迦はその4番目の仏とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せんぶつ【千仏】

千体仏の略で,ほぼ同形同大の仏像を数多く配列した彫刻絵画をいう。その起源はインドにあり,大乗仏教の成立に伴いしだいに発展した千仏思想が具象化されたものである。アジャンターエローラなどの石窟寺の内部に千仏像が絵画や彫刻で表されている。それが西域から中国,朝鮮を経て日本にも伝えられた。敦煌,雲岡,竜門などの石窟寺にその好例を見ることができる。日本では法隆寺の《玉虫厨子》の内壁や扉,奈良長谷寺の《銅板法華説相図》が7世紀の好作例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんぶつ【千仏】

過去・現在・未来の三劫にそれぞれ一千体の仏が出現するという信仰。特に現在劫の一千体の仏をいい、釈迦はそのうちの第四仏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

千仏の関連キーワードアルバート・V. ル・コック福岡県北九州市小倉南区平尾台フェレンツ・ホップ東洋美術館トゥルファン(吐魯番)遺跡福岡県北九州市小倉南区クムトゥラ(庫木吐剌)延嘉年銘金銅如来立像愛知県新城市中宇利クズルガハ千仏洞燕岐地方石仏碑像釈迦金棺出現図北九州国定公園ポール ペリオバイ(中国)麦積山石窟馬蹄寺石窟敦煌莫高窟ソグド文献棲霞寺石窟渡辺哲信

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千仏の関連情報