コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千鳥ヶ淵 ちどりがふち

3件 の用語解説(千鳥ヶ淵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千鳥ヶ淵
ちどりがふち

東京都千代田区北西部,皇居内堀の一部。田安門と半蔵門の間をいう。名の由来は,堀がチドリの羽根を広げた形に似ていることによる。周辺にはサクラが多く,イギリス大使館前の並木は駐日公使アーネスト・サトウの寄付によるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちどり‐が‐ふち【千鳥ヶ淵】

東京都千代田区、皇居北西側にある旧江戸城内堀の一部。戦没者墓苑がある。桜の名所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千鳥ヶ淵
ちどりがふち

東京都千代田区西部にある旧江戸城の内濠(うちぼり)の一部。田安(たやす)門から半蔵(はんぞう)門にかけての内濠は、チドリが羽根を広げた形に似ていることから名がつけられた。西側は千鳥ヶ淵水上公園で、1898年(明治31)に当時の駐日英国公使アーネスト・サトーが植樹したのに始まる桜並木が美しく、北の丸側の江戸城跡の石垣は天然記念物ヒカリゴケの生育地。公園の西側に無名戦没者約9万1000柱を祀(まつ)る国立の千鳥ヶ淵戦没者墓苑(ぼえん)がある。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千鳥ヶ淵の関連キーワード東京都千代田区一番町東京都千代田区北の丸公園東京都千代田区九段南東京都千代田区皇居外苑東京都千代田区麹町東京都千代田区三番町東京都千代田区千代田東京都千代田区隼町東京都千代田区富士見東京都千代田区四番町

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千鳥ヶ淵の関連情報