コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卍山道白 まんざん どうはく

美術人名辞典の解説

卍山道白

江戸中期曹洞宗の僧。備後生。号は復古老人、俗姓藤井氏。備後竜興寺の一線道播について得度、のち月舟宗胡に参禅し、その法を嗣ぐ。宗胡のあとを継いで加賀大乗寺に入住し、摂津の興禅寺、山城の禅定寺・源光庵に歴住した。宗統の乱れを正すため一師印証の宗門改革を寺社奉行に訴え、永平寺・総持寺法度が制定された。曹洞宗中興の祖と称される。正徳5年(1715)寂、80才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まんざん‐どうはく〔‐ダウハク〕【卍山道白】

[1636~1715]江戸前期の曹洞宗の僧。備後(びんご)の人。加賀大乗寺の月舟宗胡に師事。当時乱れていた法系嗣承を改めるために尽力。著「宗統復古志」など。復古道人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

卍山道白 まんざん-どうはく

1636-1715 江戸時代前期-中期の僧。
寛永13年1月13日生まれ。備後(びんご)(広島県)の曹洞宗(そうとうしゅう)竜興寺の一線道播(どうばん)について得度。加賀(石川県)大乗寺の月舟宗胡(げっしゅう-そうこ)の法をつぎ,大乗寺,摂津興禅寺(大阪府)などの住持をつとめる。梅峰竺信(じくしん)らとともに宗統復古運動につくした。正徳(しょうとく)5年8月19日死去。80歳。俗姓は藤井。別号に復古道人。著作に「卍山和尚広録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卍山道白
まんざんどうはく
(1636―1715)

江戸中期の曹洞(そうとう)宗の僧。備後(びんご)(広島県)に生まれ、10歳で得度した。43歳のとき、加賀(石川県)大乗寺の月舟宗胡(げっしゅうそうこ)に謁して、その法を継ぎ、1679年(延宝7)大乗寺に住した。彼は28歳で宗弊改革の誓願を抱いたが、37年を経て梅峰竺信(ばいほうじくしん)らとともに幕府に訴え、1703年(元禄16)宗統復古の大業を成就(じょうじゅ)、自ら復古道人と称した。80歳で京都の源光庵(あん)に寂した。曹洞宗中興の祖と仰がれる。『参同契(さんどうかい)・宝鏡三昧書紳稿(ほうきょうざんまいしょしんこう)』『禅戒訣(ぜんかいけつ)』『禅余套稿(ぜんよとうこう)』『対客閑話(たいかくかんわ)』『東海一滴集(とうかいいってきしゅう)』『洞門衣(とうもんえにょしゅう)』などの著がある。[鈴木格禪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

卍山道白 (まんざんどうはく)

生年月日:1636年1月13日
江戸時代前期;中期の曹洞宗の僧
1715年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

卍山道白の関連キーワード吉祥寺(寺)智灯照玄秀山瑞藤立花実山生年月日天桂伝尊面山瑞方道白禅宗

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

卍山道白の関連情報