南喜一(読み)みなみ きいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南喜一 みなみ-きいち

1893-1970 大正-昭和時代の労働運動家,実業家。
明治26年2月19日生まれ。亀戸(かめいど)事件吉村光治(こうじ)が虐殺され,労働運動にはいる。共産党員として活動するが,三・一五事件で検挙され転向水野成夫(しげお)と大日本再生製紙を創立し,昭和20年国策パルプと合併専務をへて38年会長となった。粋人で「ガマの聖談」のがある。昭和45年1月30日死去。76歳。石川県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南喜一の関連情報