コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南条踊 なんじょうおどり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南条踊
なんじょうおどり

風流踊の一種。広島県北広島町新庄,山口県岩国市,同県長門市湯本に伝わる。岩国では虫送りに踊られていたものが岩国藩の吉例踊となり,慶事の際の踊りともなった。拍子木を持った音頭小歌をうたい,笛,太鼓,鉦 (かね) の拍子に合わせ,武士風の衣装の踊り手円陣を組んで踊る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんじょうおどり【南条踊】

民俗芸能で,風流(ふりゆう)踊の一種。山口県岩国市・長門市,広島県山県郡大朝町新庄などに伝承される。室町時代末期に盂蘭盆会(うらぼんえ)の踊りとして流行した風流踊は,若者が仮装して踊るのが特色の一つであり,戦国武将の敵城侵入の手段に用いられたと伝える。南条踊も大朝町新庄の地に居城した吉川(きつかわ)元春が,天正年間(1573‐92)伯耆(ほうき)の南条元次を攻略するときにこの手段を用い,踊子を城内に送って勝利をおさめたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南条踊
なんじょうおどり

風流(ふりゅう)系の太鼓踊。広島県山県(やまがた)郡北広島(きたひろしま)町新庄(しんじょう)、山口県岩国市、同長門(ながと)市湯本(ゆもと)に伝承されるが、曲目、振りは異なる。新庄の城主吉川元春(きっかわもとはる)の軍が伯耆(ほうき)(鳥取県)羽衣石の南条氏の城を攻めたとき、踊り子に扮装(ふんそう)させて城内に入れ勝利を収めたことにちなむ踊りと伝えられる。のち新庄から岩国に、そして湯本にも移し伝えられたという。湯本では9月9、10日の赤崎神社の祭礼に奉納される。その構成は大掛りで、丸に十文字の骨組を紙の房で飾った吹貫(ふきぬき)持ちが2人、太鼓打ち2人、ささら引き2人、鉦(かね)打ち童子2人、新発意(しんぽて)1人を中踊として、周りを側踊(かわおどり)28人が取り巻く。踊りは道行と本踊からなる。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南条踊の関連キーワード長門(市)大朝[町]岩国(市)民俗芸能