即時型アレルギー(読み)そくじがたあれるぎー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレルギー反応の分類の一つ。アレルギーは症状の現れ方によってⅠ型からⅣ型に分類される。即時型アレルギー反応は、このうちのⅠ型~Ⅲ型アレルギー反応をさす。アレルギーの原因物質であるアレルゲン(抗原)に触れて抗体が産生される結果、数分から数時間以内にアレルギー症状が現れるものである。狭義には、このうち数分単位で反応がみられるⅠ型アレルギー反応に限定して、即時型アレルギーとよぶこともある。

[編集部 2017年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android