コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即興曲 そっきょうきょくimpromptu

翻訳|impromptu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即興曲
そっきょうきょく
impromptu

19世紀の器楽曲の曲種の一つ。即興演奏によって作られるのではないが,楽想即興的に自由に展開した小品シューベルトショパンのピアノ曲がよく知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そっきょう‐きょく〔ソクキヨウ‐〕【即興曲】

即興的な気分をもつ器楽小品。19世紀ロマン派の作曲家に好まれた。アンプロンプチュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

即興曲【そっきょうきょく】

主にピアノ独奏用の自由な形式で書かれた抒情的小品をいう。フランス語のアンプロンプチュ(アンプロンチュ)impromptuは〈即座に,即興で〉の意。元来モリエールが幕間劇をさして使ったが,音楽では19世紀のはじめ,ピアノの名手が即興で弾いた曲をこう呼び,次いで即興を思わせるようなピアノ小曲をさすようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そっきょうきょく【即興曲】

おもにピアノ独奏用の抒情的な小曲の一種。フランス語のアンプロンプチュimpromptuの訳。原義は〈即席〉〈準備なし〉であり,18世紀以前には即興詩あるいは劇の幕間の出し物を意味した。19世紀の初めにはピアノの名手が即興に弾いた曲をアンプロンプチュとよび,幻想曲やカプリッチョとともにその曲想が好まれたが,しだいに実際の即興演奏の結集かどうかは問わず,作曲者の心にふと浮かんだ曲想をあっさりとまとめ上げたといった雰囲気の曲をよぶようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そっきょうきょく【即興曲】

一九世紀ロマン派のピアノ用性格小品の一つで、シューベルト・ショパンの作品が有名。アンプロンプテュ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即興曲
そっきょうきょく
impromptuフランス語

アンプロンプチュともよばれる器楽小品。とくにロマン派のピアノ曲に多い。19世紀以前には幕間劇や特殊なカノンを意味していた。しかし、今日のような意味での即興曲という表題は、1817年にチェコの作曲家ボルシジェクJan Hugo Voek(1791―1825)が最初に用いたといわれる。このころからロマン派の新しい様式を示すピアノ曲にこのことばが流行し、いわゆるキャラクター・ピース(性格的小品)の一つとして重要な役割を果たすことになる。シューベルトが1827年ごろに書いた八曲の即興曲がもっとも有名だが、最初の四曲(D899)は出版社がつけたタイトルである。即興曲は、実際に即興でつくられたものではなく、作曲家の頭のなかにひらめいた楽想を自由に展開した作品である。したがって形式も、三部形式(シューベルト、ショパン、フォーレ)から、変奏曲(シューマン、バラキレフ)まで多種多様なものがみいだされる。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

即興曲の関連キーワードシューマン:クララ・ヴィークの主題による10の即興曲/piano soloショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano soloシューベルト:即興曲集 Op.142/piano soloシューベルト(Franz Peter Schubert)シューベルト:即興曲集 Op.90/piano soloショパン:即興曲第1番 変イ長調/piano soloショパン:即興曲第2番 嬰ヘ長調/piano soloショパン:即興曲第3番 変ト長調/piano soloショパン(フレデリック・ショパン)シューマンの主題による変奏曲キャラクタ・ピースキャラクターピースモンサルバーチェヒュー グラントカンディンスキー富山清琴(初代)アンプロンプテュユンディ リ向う岸から橋本 國彦

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即興曲の関連情報