コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢倉沢往還 やぐらさわおうかん

1件 の用語解説(矢倉沢往還の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢倉沢往還
やぐらさわおうかん

江戸時代に五街道の補助道として定められた脇往還の一つ。東海道甲州街道の中間を通り武蔵,相模,駿河の各国を結んだ。江戸赤坂御門から青山,三軒茶屋,溝ノ口,長津田を経て相模に入り,下鶴間伊勢原,松田,関本,矢倉沢を通り,足柄峠 (759m) を越え駿河に入り,竹ノ下,御殿場,十里木を経て吉原宿 (富士市) で東海道に合する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の矢倉沢往還の言及

【世田谷】より

…近世には彦根藩井伊氏が領有し,代官大場氏が支配したが,上町に代官屋敷が残っている。街道も整備され,三軒茶屋から二子の渡しを経て大山へ向かう矢倉沢往還(現,玉川通り),三軒茶屋で分かれて登戸を経る津久井往還(現,世田谷通り)が通じた。世田谷の新宿には楽市(六斎市)が開かれた。…

※「矢倉沢往還」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢倉沢往還の関連キーワード川越街道甲州街道五街道伝馬役日光街道四駅脇街道本街道日光道中四駅(四宿)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone