コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原安三郎 はらやすさぶろう

2件 の用語解説(原安三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原安三郎
はらやすさぶろう

[生]1884.3.10. 徳島
[没]1982.10.21. 東京
大正・昭和期の実業家。 1909年早稲田大学卒業後,山本条太郎 (三井物産常務) が個人的に関係する事業に従事して事業経営を学ぶ。 10年薬丸金山の会計を担当し,以後日本硫黄,北陸電力,日本水力などの経営に参画したり,独立した山本が関係した事業のうち経営不振のものは原がすべて整理,再建するなど経営手腕を高く評価された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原安三郎 はら-やすさぶろう

1884-1982 大正-昭和時代の実業家。
明治17年3月1日生まれ。山本条太郎のもとで薬丸金山(茨城県)など経営不振の会社の整理や再建を手つだう。大正10年日本火薬製造(現日本化薬)の監査役となり,昭和10年から38年間社長をつとめた。昭和57年10月21日死去。98歳。徳島県出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

原安三郎の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-3脂肪酸徳島県徳島市徳島町城内Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原安三郎の関連情報