コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原安三郎 はらやすさぶろう

2件 の用語解説(原安三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原安三郎
はらやすさぶろう

[生]1884.3.10. 徳島
[没]1982.10.21. 東京
大正・昭和期の実業家。 1909年早稲田大学卒業後,山本条太郎 (三井物産常務) が個人的に関係する事業に従事して事業経営を学ぶ。 10年薬丸金山の会計を担当し,以後日本硫黄,北陸電力,日本水力などの経営に参画したり,独立した山本が関係した事業のうち経営不振のものは原がすべて整理,再建するなど経営手腕を高く評価された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原安三郎 はら-やすさぶろう

1884-1982 大正-昭和時代の実業家。
明治17年3月1日生まれ。山本条太郎のもとで薬丸金山(茨城県)など経営不振の会社の整理や再建を手つだう。大正10年日本火薬製造(現日本化薬)の監査役となり,昭和10年から38年間社長をつとめた。昭和57年10月21日死去。98歳。徳島県出身。早大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原安三郎の関連キーワード度量衡任意出頭被疑者井上馨キンダー佐竹義尭ジョイナーローレツ清元梅吉甲申政変

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原安三郎の関連情報