コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原安三郎 はらやすさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原安三郎
はらやすさぶろう

[生]1884.3.10. 徳島
[没]1982.10.21. 東京
大正・昭和期の実業家。 1909年早稲田大学卒業後,山本条太郎 (三井物産常務) が個人的に関係する事業に従事して事業経営を学ぶ。 10年薬丸金山の会計を担当し,以後日本硫黄,北陸電力,日本水力などの経営に参画したり,独立した山本が関係した事業のうち経営不振のものは原がすべて整理,再建するなど経営手腕を高く評価された。 16年日本火薬製造 (現日本化薬) の創設に関与し,21年同社監査役,専務を経て 35年社長に就任。日本化薬をはじめ四十余の企業の役員を兼任するほか,第2次世界大戦後は中央公職適否審査委員会,政令諮問委員会の委員に選ばれ,公職追放措置緩和に尽力した。ほかに経済団体連合会 (経団連) 常任理事,通商産業調査会会長,東京商工会議所理事,国鉄諮問委員会会長など多数の要職に就任して,財界の長老としての役割を果した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原安三郎 はら-やすさぶろう

1884-1982 大正-昭和時代の実業家。
明治17年3月1日生まれ。山本条太郎のもとで薬丸金山(茨城県)など経営不振の会社の整理や再建を手つだう。大正10年日本火薬製造(現日本化薬)の監査役となり,昭和10年から38年間社長をつとめた。昭和57年10月21日死去。98歳。徳島県出身。早大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

原安三郎の関連キーワード鹿倉 吉次昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

原安三郎の関連情報