コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原田豊吉 はらだとよきち

7件 の用語解説(原田豊吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原田豊吉
はらだとよきち

[生]万延1(1860).11.21. 江戸,小石川
[没]1894.10.1.
黎明期の地質学者。 14歳でドイツへ留学,ハイデルベルク大学などに学び,オーストリア地質調査所に勤務し,1883年帰国。ただちに農商務省に入り地質調査次長となり (1886) ,東京大学で化石学の講義を担当。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原田豊吉【はらだとよきち】

地質学者。江戸小石川の生れ。14歳でドイツに留学,ハイデルベルク大学,ミュンヘン大学およびオーストリアの地質調査所などで地質学を学び,1883年帰国。地質調査所次長,東大教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原田豊吉 はらだ-とよきち

1861*-1894 明治時代の地質学者。
万延元年11月21日生まれ。原田一道の長男。明治7年父にしたがってドイツへいき,ミュンヘン大などでまなぶ。帰国後,地質調査所次長,帝国大学教授。日本列島の構造について,単一説をとるナウマンのフォッサ-マグナ後生説を批判し,論争となった。明治27年12月2日死去。35歳。江戸出身。著作に「日本群島地質構造論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

原田豊吉

没年:明治27.12.2(1894)
生年:万延1.11.21(1861.1.1)
明治時代の地質学者。岡山藩士で洋式兵学者の原田一道の長子として江戸小石川に生まれる。明治7(1874)年父に連れられてドイツに渡り,近代地質学発祥の地フライベルクの鉱山アカデミーを経て,ハイデルベルク大学とミュンヘン大学で岩石学と古生物学を学ぶ。ウィーンの地質調査所に1年間勤務したのち,16年に帰国。10年間日本の地質学を指導してきたお雇い外国人ナウマンがドイツに帰った18年に,日本人初の東大地質学科教授に就任した。最新の地質学を身につけ,ナウマンと対等に議論できる者として期待された原田は,ナウマンの業績を受け継ぎながらも,あえて自説を立てるのに急なところもあったようだ。22年病を得て大学を辞し,兼務していた地質調査所の次長も翌年休職する。このため主著《Die japanischen Inseln eine topographische geologische Uebersicht(日本群島―地形学的,地質学的概観)》(1890)も未完に終わっている。フォッサ・マグナの成因をめぐる論争は,ウィーンの大地質学者ジュースを巻き込む形で進行しており,日本地質学自立の好機だったが,原田の夭折や帰国後のナウマンの大学ポスト獲得失敗などで,中途半端に終わってしまった。洋画家直次郎は弟,『原田日記』の著者熊男は息子。<参考文献>今井功『黎明期の日本地質学』,山下昇「原田豊吉の日本群島地質構造論」(『地質学雑誌』99巻4号)

(谷本勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はらだとよきち【原田豊吉】

1860‐94(万延1‐明治27)
地質学者。江戸で岡山藩士の子として生まれた。明治維新後,父原田一道が軍人としてドイツに赴任したため,1874年ドイツに行き,基礎教育を受けた後,ザクセンフライベルク鉱山学校で鉱山地質学を学ぶ。80年卒業後ハイデルベルク大学で岩石学を,またミュンヘン大学で古生物学を学び,82年学位を得る。次いでオーストリア地質調査所でアルプスの地質調査を行い,日本の登山界のアルプス登攀の先駆者としても名を残した。83年帰国,地質調査所に入り,翌84年東京大学講師を兼ね,86年古生物学の教授となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はらだとよきち【原田豊吉】

1860~1894) 明治時代の地質学者。江戸生まれ。「日本地質構造論」を著し日本の地質系統を明らかにし、地質学の発展に寄与した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原田豊吉
はらだとよきち
(1860―1894)

明治前期の地質学者。幕府洋学教官の長子として江戸小石川に生まれ、大阪開成所、東京外国語学校に学ぶ。1874年(明治7)駐在武官となった父に従ってドイツに留学、フライブルク鉱山学校を卒業。ハイデルベルク大学でローゼンブッシュに岩石学を、ミュンヘン大学でツィッテルに古生物学を学んで、ルガノ湖畔の噴出岩研究で学位を取得、オーストリア地質調査所に勤めた。1883年帰国し、農商務省地質調査所に入り、翌年東京大学教授を兼任、日本人最初の地質学教授となる。1885年農商務省地質局次長に進み、開業時指導者ナウマン解傭(かいよう)後の地質調査事業を推進した。1888年『日本地質構造論』、1890年『日本群島』を著し、ナウマンの単一褶曲(しゅうきょく)構造説に対し、弧状山脈群対曲説を提唱、とくにフォッサマグナの解釈で論争した。1891年肺結核治療にコッホを訪ねて再渡欧し、翌年小康を得て帰国したが、再起できずに明治27年死去した。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原田豊吉の関連キーワード井上禧之助上田帯刀加藤武夫菊池安喜多山永隆鈴木醇中村新太郎原田一道松岡隣湊正雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone