コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳い イカイ

2件 の用語解説(厳いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いか・い【厳い】

[形][文]いか・し[ク]
程度がはなはだしい。大層である。
「前度(ぜんど)―・い世話に成った気で」〈鏡花歌行灯
大きい。多い。
「能(よ)う―・い声を出す方様じゃ」〈露伴・椀久物語〉
荒々しい。たけだけしい。→厳(いか)し
「おそろしげに、―・きものども、ひと山にみちて」〈宇津保・俊蔭〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いかい【厳い】

( 形 ) [文] ク いか・し
〔中世・近世語〕
荒々しい。勇猛だ。恐ろしい。 「かく-・う猛き身に生まれて/宇治拾遺 8
大きい。多い。 「聞き及うだより-・い河ぢや/狂言記・鈍根草」
(程度が)はなはだしい。大層である。 「それはほんに-・いお力落しで/滑稽本・浮世床 2」 「あつしは此家の先代には-・い世話になつたし/くれの廿八日 魯庵
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厳いの関連キーワード厳つい限り無い酸い図無い狡賢い酷いひ弱い遣る方無い類いない程好い