コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳し イカシ

デジタル大辞泉の解説

いか・し【厳し】

[形ク]いか(厳)い
[形シク]盛んなさま。また、りっぱなさま。
「八束穂(やつかほ)の―・し穂に」〈祝詞・祈年祭〉
[補説]確実な用例が、上記のほか「厳し矛(ほこ)」「厳し御世(みよ)」のような連体用法に限られている点から、古くはシク活用であったろうと推定されている。

いつか・し【厳し】

[形シク]りっぱで重々しい。いかめしい。
「昔の例(ためし)よりも事添へて、―・しき御ありさまなり」〈・少女〉

いつく・し【厳し/美し/慈し】

[形シク]《「稜威(いつ)奇(く)し」の意という》
神や天皇または貴人の威力が強く激しいさま。いかめしくおごそかである。
「そらみつ大和の国は皇神(すめがみ)の―・しき国」〈・八九四〉
容姿に気品があるさま。端正であるさま。
「―・しき男子をまうけけり」〈伽・一寸法師
《室町時代ごろから「うつくし」と混同して用いられて》美しい。きれい。
卯の花の…垣根に咲き乱れたるは、―・しうおもしろければ」〈仮・露殿・下〉

きび・し【厳し】

[形ク]
あいているところがなく詰まっている。密である。
「歯は白きこと斉(ひと)しく―・くして」〈西大寺本金光明最勝王経平安初期点〉
厳格である。容赦がない。
「弾正をば霜台といふぞ。―・くはげしう事をただす官ぢゃほどにぞ」〈百丈清規抄・三〉
[補説]「きびし」(シク活用)の、古い活用形式。
[形シク]きびしい」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかし【厳し】

( 形ク )
いかい
( 形シク )
霊威が盛んである。神秘的な力に満ちている。 「 - ・し矛/日本書紀 舒明訓注」 「八束穂の-・し穂/祝詞 祈年祭
たけだけしい。荒々しい。 「 - ・しき心をなして阿修羅の中にまじりぬ/宇津保 俊蔭」 〔上代にはシク活用が普通であったと思われるが、その確実な例は「いかし日」「いかし矛」のように、終止形(実際は語幹に相当するもの)を連体的に用いた例しか見当たらない。また、中古以降は普通ク活用として用いられるが、上代にも「いかしほ(瞋塩)」「いかづち(雷)」のようにク活用の語幹用法と見られる例があり、すでに両活用があったかともみられる〕

いつかし【厳し】

( 形シク )
荘重だ。立派だ。いかめしい。 「さばかり-・しき御身をと/源氏 御法

おごし【厳し】

( 形シク )
力強くいかめしい。おここし。 「三百の-・しき大徳ほうし等/日本書紀 持統訓

きびし【厳し】

( 形ク )
すき間なく詰まっている。 「歯は白きこと斉ひとしく-・くして珂(=玉ノ一種)と雪との猶ごとし/金光明最勝王経 平安初期点
厳格だ。容赦がない。 「弾正をば霜台と云ふぞ。-・くはげしう事をただす官ぢやほどにぞ/百丈清規抄」
( 形シク )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厳しの関連キーワード同一価値労働同一賃金と労働基準法4条第2のセーフティーネット(安全網)団塊世代の大量退職問題救急医療を取り巻く現状同一価値労働同一賃金サンチェス・コタンメタボリック症候群水俣病の認定基準臨済の喝徳山の棒冬至冬中冬はじめさんケーろうどう金光明最勝王経株式会社指商生っちょろい親方日の丸甘ったるい柏レイソル医師の偏在吉村 ゆう全国農政協

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厳しの関連情報