コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳し イカシ

8件 の用語解説(厳しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いか・し【厳し】

[形ク]いか(厳)い
[形シク]盛んなさま。また、りっぱなさま。
「八束穂(やつかほ)の―・し穂に」〈祝詞・祈年祭〉
[補説]確実な用例が、上記のほか「厳し矛(ほこ)」「厳し御世(みよ)」のような連体用法に限られている点から、古くはシク活用であったろうと推定されている。

いつか・し【厳し】

[形シク]りっぱで重々しい。いかめしい。
「昔の例(ためし)よりも事添へて、―・しき御ありさまなり」〈・少女〉

いつく・し【厳し/美し/慈し】

[形シク]《「稜威(いつ)奇(く)し」の意という》
神や天皇または貴人の威力が強く激しいさま。いかめしくおごそかである。
「そらみつ大和の国は皇神(すめがみ)の―・しき国」〈・八九四〉
容姿に気品があるさま。端正であるさま。
「―・しき男子をまうけけり」〈伽・一寸法師
《室町時代ごろから「うつくし」と混同して用いられて》美しい。きれい。
卯の花の…垣根に咲き乱れたるは、―・しうおもしろければ」〈仮・露殿・下〉

きび・し【厳し】

[形ク]
あいているところがなく詰まっている。密である。
「歯は白きこと斉(ひと)しく―・くして」〈西大寺本金光明最勝王経平安初期点〉
厳格である。容赦がない。
「弾正をば霜台といふぞ。―・くはげしう事をただす官ぢゃほどにぞ」〈百丈清規抄・三〉
[補説]「きびし」(シク活用)の、古い活用形式。
[形シク]きびしい」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いかし【厳し】

( 形ク )
いかい
( 形シク )
霊威が盛んである。神秘的な力に満ちている。 「 - ・し矛/日本書紀 舒明訓注」 「八束穂の-・し穂/祝詞 祈年祭
たけだけしい。荒々しい。 「 - ・しき心をなして阿修羅の中にまじりぬ/宇津保 俊蔭」 〔上代にはシク活用が普通であったと思われるが、その確実な例は「いかし日」「いかし矛」のように、終止形(実際は語幹に相当するもの)を連体的に用いた例しか見当たらない。また、中古以降は普通ク活用として用いられるが、上代にも「いかしほ(瞋塩)」「いかづち(雷)」のようにク活用の語幹用法と見られる例があり、すでに両活用があったかともみられる〕

いつかし【厳し】

( 形シク )
荘重だ。立派だ。いかめしい。 「さばかり-・しき御身をと/源氏 御法

おごし【厳し】

( 形シク )
力強くいかめしい。おここし。 「三百の-・しき大徳ほうし等/日本書紀 持統訓

きびし【厳し】

( 形ク )
すき間なく詰まっている。 「歯は白きこと斉ひとしく-・くして珂(=玉ノ一種)と雪との猶ごとし/金光明最勝王経 平安初期点
厳格だ。容赦がない。 「弾正をば霜台と云ふぞ。-・くはげしう事をただす官ぢやほどにぞ/百丈清規抄」
( 形シク )

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厳しの関連情報