コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参詣曼荼羅 さんけいまんだら

百科事典マイペディアの解説

参詣曼荼羅【さんけいまんだら】

社寺の景観とそこに参詣する民衆を写した大形の掛け絵図。16世紀半ばから17世紀末ころまで,絵解き勧進に用いられた。人物描写は類型的だが,縁起や説話,風俗が丹念に書き込まれており,絵画資料として近年注目を集めている。
→関連項目高野聖

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんけいまんだら【参詣曼荼羅】

伊勢や熊野のような神社・仏閣に参詣するようすを描いた宗教画。室町後期から近世にかけて,布教のための絵解き用に制作された。那智参詣曼荼羅,伊勢参宮曼荼羅,多賀曼荼羅,富士曼荼羅,高野山曼荼羅,八坂法輪寺曼荼羅などと個々の名称は異なるが,参詣曼荼羅と総称される。共通する特徴は,(1)上方の左右に日輪,月輪を置いて霊地であることを示す,(2)重要な社殿,仏堂をはじめ鳥居,回廊まで克明に配す,(3)参道には信者が名所を参詣する姿を描く,などがあげられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の参詣曼荼羅の言及

【熊野信仰】より

…垂迹曼荼羅の例として静嘉堂所蔵本を挙げれば,三段構成をとり,その中段の15体は三所権現,五所などを俗人の姿,僧侶の姿で表している。さらに社頭曼荼羅があり,参詣曼荼羅がある。後者は全国10ヵ所以上に遺存例があり,いずれも那智山に登拝する道俗男女の姿と堂塔のたたずまいを所狭しと配置して描いており,地方民衆に熊野への参詣の意欲をわかせる性質のものであったことがわかる。…

※「参詣曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

参詣曼荼羅の関連キーワード社寺参詣曼荼羅寺社参詣曼荼羅熊野曼荼羅補陀洛山寺神道美術

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android