コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

双海[町] ふたみ

2件 の用語解説(双海[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

双海[町]【ふたみ】

愛媛県中北部,伊予灘に臨む伊予郡の旧町。主集落は予讃線が通じる上灘と下灘。藩政時代は晒蝋(さらしろう)が盛んであった。ミカンなどの果樹栽培を行い,漁業も営む。2005年4月伊予郡中山町と伊予市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふたみ【双海[町]】

愛媛県中央北部,伊予郡の町。人口5893(1995)。伊予灘に面した細長い町で,海岸には断層崖が迫り,南には四国山地の支脈の標高700~900m級の山が連なる。流路の短い多数の小河川が伊予灘に注ぐが,犬寄峠に源を発して西流する上灘川に沿って低地が開ける。同川河口の上灘ではかつて晒蠟(さらしろう)や炭の生産,養蚕が盛んであったが,現在は山地斜面を利用したかんきつ類の栽培が行われる。上灘の小網ではきんちゃく網漁,下灘の串を中心として底引網漁が行われ,イワシ,タイなどが水揚げされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

双海[町]の関連キーワード伊予絣伊予三島松山愛媛県立医療技術大学伊予愛媛四国中央伊予蝋ひろた八重菊

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone