コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受精卵移植 じゅせいらんいしょく embryo transfer

翻訳|embryo transfer

2件 の用語解説(受精卵移植の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

受精卵移植

受精卵を代理母に移植すること。畜産の分野では、胚移植と同義語。受精卵が卵割(細胞分裂)を開始した初期の段階を胚という。ウシなどの優秀な雌に、ホルモン処置を行い過剰排卵を起こさせ、人工授精によって多数の受精卵を得て、これらを代理母となる雌に移植し、子を得る。類似する手法に、体外受精があり、これは優秀な雌の卵巣から未受精卵を取り出し、試験管内で成熟させた後、精子と受精させ、代理母に移植する。これらの手法により1頭の母親から、多数の子が得られる。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅせいらんいしょく【受精卵移植 ovum transplantation】

家畜を人為的に繁殖させる一方法で,雌畜から受精卵を採取し,これを別の雌畜の子宮に移植し,その腹を借りて胎子を育て子畜を分娩(ぶんべん)させる技術をいう。人工妊娠artificial pregnancy,人工受胎,胚移植とも称している。19世紀末に,イギリスウサギに試みて成功したのが最初であるが,家畜とくにウシについては1951年に成功した。家畜改良は,優良な遺伝形質をもつ雌雄の交配,優良形質をもつ雄の精子の人工授精による広い範囲への分配によって,子畜の能力をしだいに高めてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

受精卵移植の関連キーワード家畜交配人為的人為突然変異分根誘起ズーストック計画アミロ酒母-麹折衷法組換えDNA技術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

受精卵移植の関連情報