コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口内炎・口角炎 こうないえんこうかくえん

1件 の用語解説(口内炎・口角炎の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

こうないえんこうかくえん【口内炎・口角炎】

《どんな病気か?》
ビタミンが欠乏し、疲れているときに起こる〉
 口の中の粘膜(ねんまく)にできる炎症を口内炎(こうないえん)、口のはしにできるただれ、ひび割れ、かさぶたなどを口角炎(こうかくえん)といいます。
 口内炎は、義歯(ぎし)や金冠(きんかん)などの刺激によるものもありますが、もっとも多いのは、過労や精神的ストレス、ビタミン不足、ウイルスの感染などによって起こるアフタ性口内炎です。
 この口内炎は、口の中に浅い円形の潰瘍(かいよう)アフタ)ができるもので、ふちが赤くなり、さわるととても痛みます。一度に多数できたり、再発をくり返す場合もあります。
 口角炎は、子どもでは口角についたよだれや食べもののかすに細菌が感染して起こることが多く、大人では、ビタミンB欠乏症で感染に対する抵抗力が低下しているときに細菌が感染して起こります。
《関連する食品》
〈ビタミンB群を豊富に含むレバーがおすすめ〉
○栄養成分としての働きから
 口内炎や口角炎はビタミンB群、とりわけ口内炎はビタミンB2、B6、ナイアシンが、口角炎はビタミンB2、B6が不足すると起こりやすくなります。レバーはこれらすべてを含んでおり、しかもやわらかくて消化がよく、口に痛みがあるときにも食べやすいので、とても有効な食品です。
 そのほか、ビタミンB2はウナギ、サバ、カレイに、B6マグロサンマ、牛乳に、ナイアシンカツオトビウオ、ブリなどに多く含まれています。B群はとりだめできないので、毎日補給することがたいせつです。
 ビタミンAとCには細菌に対する抵抗力を強くする働きがあり、Aは粘膜を正常に保つ働きもあるので、日ごろからとるようにしましょう。
 動物性食品に含まれるビタミンAのレチノールは、レバー、ウナギチーズなどに多く含まれ、体内でビタミンAにかわるカロテンは、コマツナカボチャホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれています。
 ビタミンCは、ブロッコリーナノハナ、柿、イチゴなどからとるといいでしょう。ミカングレープフルーツなどの柑橘類(かんきつるい)にも豊富に含まれていますが、すっぱいものは口内炎や口角炎を悪化させる要因となるので、避けてください。また、熱すぎるものや冷たすぎるもの、塩分の強いものや辛みなどの刺激物を避けることもたいせつです。
 ビタミンE成分を患部に塗ると痛みが軽減され、炎症が治ったという報告もあります。Eのもつストレスをやわらげる作用も一役買っていると思われます。食事でとるならば、小麦胚芽油(こむぎはいがゆ)アーモンドヒマワリ油、ウナギ、青背の魚などがおすすめで、Eが多く含まれています。

出典|小学館
食の医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone