コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史徴 コシチョウ

3件 の用語解説(古史徴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こしちょう【古史徴】

江戸後期の国学書。4巻。平田篤胤(ひらたあつたね)著。文政元~2年(1818~19)刊。古伝説・神代文字記紀新撰姓氏録などについて論じたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こしちょう【古史徴】

平田篤胤(あつたね)の国学書。1819年(文政2)刊。4巻。別名《古史或問(わくもん)》。みずから正史本文として撰した《古史成文》の出処ならびにその撰定事由を論証した著述である。本書は,篤胤がはじめ〈死後の門弟〉として先師と仰いだ本居宣長の国学がもっぱら《古事記》に依拠していることに疑問を抱き,《日本書紀》その他の古文献から任意に選んだ本文を合成して,篤胤独自の〈神典〉を作ったことで知られる。古史伝【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こしちょう【古史徴】

国学書。四巻一一冊。平田篤胤著。1818~19年刊。本居宣長が「古事記」を重んじるのに対して、祝詞を重んじる立場から古伝説の起源や神代文字、記紀などの古典について論じたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古史徴の関連キーワード国学の四大人古史本辞経神字日文伝小林瓦斎戸田国武服部正樹平田織瀬藤田惟中碧川好尚山崎篤利

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone