コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古史徴 コシチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

こしちょう【古史徴】

平田篤胤(あつたね)の国学書。1819年(文政2)刊。4巻。別名《古史或問(わくもん)》。みずから正史本文として撰した《古史成文》の出処ならびにその撰定事由を論証した著述である。本書は,篤胤がはじめ〈死後の門弟〉として先師と仰いだ本居宣長の国学がもっぱら《古事記》に依拠していることに疑問を抱き,《日本書紀》その他の古文献から任意に選んだ本文を合成して,篤胤独自の〈神典〉を作ったことで知られる。古史伝【野口 武彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こしちょう【古史徴】

国学書。四巻一一冊。平田篤胤著。1818~19年刊。本居宣長が「古事記」を重んじるのに対して、祝詞を重んじる立場から古伝説の起源や神代文字、記紀などの古典について論じたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

古史徴の関連キーワード古典起源祝詞

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android