コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川古松軒 ふるかわ

7件 の用語解説(古川古松軒の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

古川古松軒

地理学者。岡山の人。『西遊雑記』『東遊雑記』。文化4年(1807)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふるかわ‐こしょうけん〔ふるかは‐〕【古川古松軒】

[1726~1807]江戸中期の地理学者・蘭医。備中の人。名は正辰。諸国を旅行し、交通・風俗・物産・史跡などを調査し、「東遊雑記」「西遊雑記」などを著す。幕命で「武蔵五郡の図」などを作成。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古川古松軒【ふるかわこしょうけん】

江戸中期の地理学者。名は正辰または辰,通称平次兵衛(へいじべえ)。備中(びっちゅう)の人。測量術を修め,諸国を周遊し,山陽・九州の紀行《西遊雑記(せいゆうざっき)》7巻,東北・蝦夷(えぞ)の紀行《東遊雑記》12巻などを著した。
→関連項目浅虫[温泉]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古川古松軒 ふるかわ-こしょうけん

1726-1807 江戸時代中期-後期の地理学者。
享保(きょうほう)11年8月生まれ。家は代々備中(びっちゅう)(岡山県)の薬種商,医者。生涯を通じて全国を調査し,「西遊雑記」「東遊雑記」などの旅行記をまとめる。また松平定信の命で江戸付近を調査し「四神地名録」を作成した。文化4年11月10日死去。82歳。名は正辰,辰。字(あざな)は子曜。通称は平次兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

古川古松軒

没年:文化4.11.10(1807.12.8)
生年:享保11.8(1726)
江戸中期の地理学者。名は辰または正辰,字は子曜,通称平次兵衛。備中国下道郡新本村(総社市)生まれ。前半生は不詳だが,各地を旅行し,治政繁昌人情風俗を調べた。山陽路から九州を周回した『西遊雑記』には,薩摩入国の際の許可手形の写しを載せ,古松軒50歳とあり,安永4(1775)年と知れる。修行者の姿で観察に努めている。天明7(1787)年幕府巡見使に随行,奥羽から松前付近の蝦夷地まで巡行し,『東遊雑記』を著す。老中松平定信に献じたところ,同書中の林子平の著作への酷評が幕府の子平処罰の根拠となった。定信の命を受け武蔵国の地理を調査,『四神地名録』をまとめ,幕府に呈した。頼春水と親しく,手写した日本図をその子山陽に与え,山陽が『日本外史』執筆に拠りどころとしたという。実地踏査に徹し,風光や詩情より人々の暮らしを重視した生真面目な地理学者であった。

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふるかわこしょうけん【古川古松軒】

1726~1807) 江戸中・後期の地理学者。備中の人。名は辰、通称、平次兵衛。長崎で測量術を学ぶ。諸国を巡り、「西遊雑記」「東遊雑記」を著す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古川古松軒
ふるかわこしょうけん
(1726―1807)

江戸中期の地理学者。備中(びっちゅう)国下道郡新本村(岡山県総社市)の薬種業兼医師の家に生まれる。名は正辰(まさとき)または辰と略す。字(あざな)は子曜、通称平次兵衛。号は古松軒のほか黄微山人、竹亭ともいう。少年期から地理学に親しみ、各地を旅行し、生涯を通じて全国を歩いた。1783年(天明3)山陽道から九州を一巡し、瀬戸内を航行した旅行記『西遊雑記』と、1788年奥州から蝦夷(えぞ)地に渡った旅行記『東遊雑記』は当代紀行文学として名高い。1793年(寛政5)老中松平定信(さだのぶ)に招かれて出府、下問にこたえ、著書や地図を献じた。翌1794年武蔵(むさし)国の地理調査を命ぜられ、半年余の調査結果を『四神地名録』『武蔵国御府外之地図』にまとめて奉呈した。紀行誌にはほかに『帰郷信濃噺(しなのばなし)』『都の塵』『八丈島筆記』などがあり、『備中国全図』『蝦夷全図』などの地図も作成している。『地勢論並に軍勢人数論』『御用諸事留書』『古川反故(ほご)』などには経世家としての一面もうかがえる。[石山 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古川古松軒の関連キーワード島田正辰竹川政辰古地理学サウアー動物地理学輿地誌略青生東谿秋葉東叢西川治橋本福松

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone