古河(川)太四郎(読み)ふるかわたしろう

百科事典マイペディアの解説

古河(川)太四郎【ふるかわたしろう】

教育家。京都生れ。姓は古川とも書く。小学校教員を経て,1878年私立の京都盲唖院(日本最初の盲聾学校)を設立(翌年公立となった)し,初代の院長となる。1900年大阪盲唖院の院長に招かれ,現職のまま亡くなった。障害児教育に関する多数の独創的な教材・教具を開発した。
→関連項目盲学校聾学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android