古河(川)太四郎(読み)ふるかわたしろう

百科事典マイペディアの解説

古河(川)太四郎【ふるかわたしろう】

教育家。京都生れ。姓は古川とも書く。小学校教員を経て,1878年私立の京都盲唖院(日本最初の盲聾学校)を設立(翌年公立となった)し,初代の院長となる。1900年大阪盲唖院の院長に招かれ,現職のまま亡くなった。障害児教育に関する多数の独創的な教材・教具を開発した。
→関連項目盲学校聾学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android