コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜馬がゆく

4件 の用語解説(竜馬がゆくの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

竜馬がゆく

司馬遼太郎の長編歴史小説。著者の代表作のひとつ。1963-66年刊行。土佐の脱藩志士、坂本龍馬(竜馬)の生涯を描く。北大路欣也主演のNHK大河ドラマ竜馬がゆく」(1968)の原作。

竜馬がゆく

1968年放映のNHK大河ドラマ。原作は、司馬遼太郎の同名小説。坂本龍馬の生涯を描く。大河ドラマ最後のモノクロ作品。出演:北大路欣也、浅丘ルリ子ほか。脚本:水木洋子、音楽:間宮芳生

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょうまがゆく【竜馬がゆく】

司馬遼太郎による長編歴史小説。幕末維新の志士、坂本竜馬の生涯を描く。昭和37年(1962)から昭和41年(1966)にかけて産経新聞に連載。単行本は全5巻。著者の代表作の一つで、NHK大河ドラマをはじめ多くの映像化作品がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜馬がゆく
りょうまがゆく

司馬遼太郎(しばりょうたろう)の長編小説。1962年(昭和37)6月から66年5月まで『サンケイ』新聞(現『産経新聞』)に連載。63~66年文芸春秋新社刊。「坂本の泣き虫」とばかにされていた「竜馬」は、江戸に出て北辰(ほくしん)一刀流を学び、国に帰って土佐勤王党に加わり、長州に久坂玄瑞(くさかげんずい)を訪ねて脱藩を決意し、やがて激動の時代に身を挺(てい)しながら現実的に対処して志士の道を歩む。が、薩長(さっちょう)連合を成立させ、大政奉還へと時代の流れを導きながら、維新の達成を見届けることなく暗殺された。「日本史が所有している〈青春〉のなかで、世界のどの民族の前に出しても十分に共感をよぶに足る青春は、坂本竜馬のそれしかない」という気持ちで書いた作。[都築久義]
『『竜馬がゆく』全8巻(文春文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

竜馬がゆくの関連情報